Thumbnail of post image 004

2021年9月17日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,彗星

 宇宙から雨や雪以外に降下する物質を恠(*くわい)とよびました。しかし甘露(かんろ)や麵麭(*パン)のたぐいも又恠*(くわい)の範疇(はんちゅう)に入れておりました。これは明らかに含水炭水化物の高分子有機酸類でありまして、宇宙空間に稀 ...

宇宙線が生成する「空気シャワー」

『儺の國の星拾遺』

昔の人は新しい草木の品種について、宇宙空間の自然放射能による突然変異を期待してきたとのことだった。(前記事より)

『那珂川の地名考 前編』にも同じ事が書かれていたので紹介する。

 古人は、籾種の変異が里よりも山 ...

Thumbnail of post image 092

2021年8月10日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星

筆者によれば、昔の人は新しい草木の品種は天から授かるもの・星や雨や風から誕生するものだと信じていたそうだ。

 昔の人は新しい品種は天から授かるものと信じておりました。生命の起源は宇宙にありと言う概念は、極東の民族だけであり ...

クルケンベルク彗星

2021年7月5日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,

コップ座Alkesの章は彗星に関する話が続く。

 昔は彗星の尾がかかる山を観と定めて、ここに天神地祇を祭った。やがて観(かん)に遊ぶ白鳥を鶴(かん)と名付けて倭人は〝こふのとり〟と訓じた。新しき生命が世に現れる時、これを迎 ...

Thumbnail of post image 009

2021年6月20日

彗星の話をしている途中だが、コピーした資料を整理していると標題の文が目にとまったので、忘れないうちにメモしようと思う。

『高良玉垂宮神秘書』に、「仁徳天皇、今ハ平野大明神トアラハレ玉フナリ」と書かれていたのだ。

Thumbnail of post image 043

『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿,彗星,

ハレー彗星の周期がちょうどカリポス周期になっているのを利用して、太陰暦と太陽暦を調整していた話を書いた。

だが彗星は軽いので、惑星の引力で軌道が変わり、地球に接近する時期もズレることがある。

エドモンド・ハレー ...

Thumbnail of post image 136

2021年6月18日『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿,彗星,

前記事〝「翼」は宇宙の彼方から飛来する彗星の門であった〟の続き。

前記事のポイントは次の二点。

1、古代中国で彗星は鳳凰に例えられ、二十八宿の一つ「翼」あたりに現れた。
2、彗星が現れると蓂莢(めいらい)とい ...

Thumbnail of post image 090

2021年6月12日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,

タイトルにある「翼」とは二十八宿の一つ翼宿のことだ。

西洋式星座「コップ座」のAlkesは、中国式二十八宿では「翼」宿の星となる。

しばらく翼宿に関する話が続く。

古代中国において、この「翼」宿に彗 ...