三原の潟には Papyrusパピルス Japonicaヤポニカ と名をつけるべき背高いあしが生い茂っていた

前記事で、エジプトのパピルス舟が古代日本にもあり、材料の三稜篠みはらのしのをとって、〝みはら〟とも呼ばれていたことを紹介しました。

〝みはら〟に関しては、ほかにこんな記述もあります。

筑後三原は玄界灘と有明海の潮の往来が洲を作り上げて、淡路三原は大阪湾と播磨灘はりまなだの潮が瀬を干し上げた。應神帝(二七〇~三一二)から仁徳帝(三一三~三九九)の御宇には、まだ三原の潟にはPapyrusパピルスJaponicaヤポニカと名をつけるべき背高いあしが生い茂っていた。氷河時代の頃は全世界にはひしこっていた大沙草おほかやつりぐさの品種の生き残りであった。茎の切り口は正三角であったところから〝みはら〟の名が生まれたときく。

(『儺の國の星拾遺』p.160)

筑後三原とあるのは現在の福岡県小郡市付近で、今も市内の〝御原みはら〟地区に名まえが残っています。

内陸と言っていい場所ですが、縄文・弥生時代は海が浸入していました。

海岸線が後退するとともに陸地化していきますが、西暦300年頃はその途上だったようです。

潟というのは、潮が引くと地面が現れ、満ちると海になる場所のことですから。

そこに「Papyrusパピルス Japonicaヤポニカと名をつけるべき背高いあし」が生い茂っていたとあります。(パピルスの日本種ですか、面白いです。)

「切り口が正三角だったので〝みはら〟の名が生まれた」と書かれているのが、p.248の三稜篠みはらのしののことです。

やはりこの地はパピルス舟ゆかりの地なのだと思います。

材料がたくさんあったのなら、それを編んで舟にしたのではないでしょうか。

ただ、当地は遠浅なので、パピルス舟といっても信濃地方のものとは少し様子が違ったようです。

長くなるので次の記事で触れたいと思います。

*補足です。

この本は天皇の在位を西暦で明記しているのですが、この点については検証も反証もしていません。
書いてあることをそのまま紹介しているだけです。
「こんな伝承があるんだ。へぇー。」ぐらいに思っていただければ幸いです。

〝みすみ・みはら〟とは三稜の茎の葦舟のこと

エジプトのパピルス舟が古代日本にもあったという話を前記事で紹介しました。

使われた材料は三稜篠みはらのしのと言う植物でした。

その名の通り、三角(かどが三つ)の茎を持つもので、エジプトのパピルスと同じ品種だったのです。

茎の角に注目して〝みすみ〟、面に注目して〝みはら〟と略していたようで、それがそのまま舟を指す言葉になったことが次の文でわかります。

〝みすみ〟も〝みはら〟も今は絶えて見ることの出来ぬ三稜の茎の葦舟ことであったから、その発祥は爾蓮ナイルにあったものとみえる。祖先は葦舟の中に茎や種を携えて行き着く先でこれを植えて繁殖させた。

(『儺の國の星拾遺』p.248)

〝みすみ・みはら〟は葦舟を想起させる言葉なのですね。

エジプトのパピルス舟が古代日本にもあったなど、すぐには信じられないかもしれません。

けれども、例えばうきは市にある珍敷塚古墳の壁画には、エジプトの壁画(セン・ネジェム墓など)に描かれている舟とそっくりな構図があります。

古墳を作った人達にこういう文化があったと感じますので、あり得る話だと思っています。

ふくおか観光協会作成のパンフレットにも「ふくおかに古代エジプト文明?」と一言ありますので、興味のある方はご覧下さい。

ふくおか古代ロマンの旅vol.1

そうそう。

壁画に描かれた葦舟ということで、もう一つ紹介したい古墳があります。

それは善通寺市宮が尾古墳。

線刻画に舟が描かれているのですが、私はこれも三稜篠みはらのしので作った葦舟ではないかと思っています。

図を見ると、船首と船尾にケバのようなものが描かれているのがわかります。

葦舟(Papyrus Boat)の特徴がよく出ていると思うのですが、どうでしょう。

刳り舟や筏ではこのような表現にはならないと思うのです。

古代の葦舟の絵、全国の古墳の壁画を探せばもっとあるかもしれませんね。

最後に、葦舟と地名のことを書いておきます。

三稜篠みはらのしので作った葦舟の人が乗る間を〝しなのり〟と言ったことから〝しなの〟地名が生まれたと言うことでした。

ならば〝みすみ・みはら〟はどうでしょう?

九州ですと、〝みすみ〟と言えば宇土半島の三角、〝みはら〟と言えば小郡市の〝御原〟を思い浮かべます。
どちらも葦舟が往来していそうな土地柄です。

『儺の國の星拾遺』によれば、〝みすみ・みはら〟地名はインディアン座αの別名「三角星みすみのほし三原星みはらのほしから来ているとのことで、葦舟に関係しているとは明記されていませんでした。(p.248より)

〝三角星・三原星〟であるインディアン座αは、南中してもせいぜい高度は10°くらいの星で、今の季節だと夜10時くらいから夜半3時過ぎまで見える星です。

冬に見えるカノープスくらい明るければ、現代人の印象にも残るかもしれませんが、三等星ですのであまり知られていません。

それでも南の空低く現れてすぐ見えなくなるので、夏の夜に真南を知るにはいいかもしれません。(北緯33度基準)

真南方向を知る星であったとしたら、葦舟にも関係しているのではないか?と思っているところです。

南を知りたいのは、南から来た人達ではないかと思うからです。

〝みはら〟については次の記事でもう少し触れたいと思います。

埃及エジプト葦舟あしぶねは日本にもあった
 人が乗るスペースを〝しなのり〟と言った

『儺の國の星・拾遺』には、材料(草舟・刳り舟・板舟など)や、用途(外海・内海・河川用など)による、様々な船の話が登場します。

その中から、かつて存在し今は失われてしまったという〝葦舟〟の話を紹介します。

埃及エジプト葦舟あしぶねは日本にもあった。特に信濃の高原の湖沼には多く自生していた三稜篠みはらのしのを刈り、弓の如くに軸とともを中空に張りあげた形であった。〝しなのり〟とは中の人の乗る間であり、これが国名になり、更には吊り縄で引いた姿を〝あづさ〟として、これも〝あづみ〟と同じく郡名、河名に残っている。

(『儺の國の星拾遺』p.220~p.221)



〝みすみ〟も〝みはら〟も今は絶えて見ることの出来ぬ三稜の茎の葦舟ことであったから、その発祥は爾蓮ナイルにあったものとみえる。祖先は葦舟の中に茎や種を携えて行き着く先でこれを植えて繁殖させた。

(『儺の國の星拾遺』p.248)

古代の日本には、「三稜篠みはらのしの」が生えていたそうです。

三稜とは「かど が三つ」ということですから、三角の茎を持つ植物になります。
〝みすみ〟は茎の角に注目した呼び方、〝みはら〟は茎の面に注目した呼び方のようです。

これを編んで、軸とともを高く張り上げた舟が往来していたとのこと。
材料の〝みすみ〟〝みはら〟がそのまま舟の通称にもなっていたようです。

その発祥は爾蓮ナイルだと書かれています。

ナイル川に生える、茎が三稜(三角)の葦と言えばパピルスです。

次の画像はパピルス紙を作るために皮を剥いでいるところですが、確かに切り口が三稜(三角)です。

つまり「三稜篠みはらのしの」で編まれた舟というのは、Papyrus Boat、あるいはReed Boatと言われる舟のことだと思われます。

だから「埃及エジプト葦舟あしぶねは日本にもあった。」となるのですね。

葦舟と言えばチチカカ湖のものが有名です。

reed boat

確かに、軸艪を高く結い上げています。

そして人が乗る間を〝しなのり〟といったとのこと。

ここで言う〝間〟とは一定のスペースのことで、客間・床の間などと言う時の〝間〟だと思いました。

それこそ、大きい舟には部屋キャビンがあったのかもしれません。

例えばこの舟のような。

Lake Titicaca, Peru

こういった〝しなのり〟付きの葦舟がたくさん往来していたので、それが地名の〝しなの〟になったといいます。

こんな舟がその土地の代名詞となるほど往来していたと思うとワクワクします。

話はそれますが、「みこもかる」が信濃の枕詞なのも、三稜篠みはらのしのが豊富だったことからきている、と別の部分に書かれていました。

人が乗るスペースを備えるには材料がたくさん必要ですから、それだけ三稜篠みはらのしのが豊富だったということでもあるのですね。

本当だとしたら、何とも不思議な話です。

補足。

この記事を書くに当たり、ブログ「星空日記コリメート風」の記事『きれいなパピルス』 より、ひらい様の許可を得て、パピルス断面の画像をアイキャッチに使用させていただきました。

error: Content is protected !!