Thumbnail of post image 083

『儺の國の星拾遺』,Alkes

春は水辺の世界にも訪れる。
Alkesにはそこから来た名もある。

夜半に吹き荒る海風が募る頃になると白魚(しらす)即ち、氷魚(ひうを)が川を遡る。百姓はこの星座の名を心得ていたか、すでに近東の空の知識を何時か何人か ...

Thumbnail of post image 121

『儺の國の星拾遺』,Alkes

「田付星」Alkesには春の植物の名前もついている。

田付星(たつけぼし)は又蘩蔞星(はこべらぼし)、柞星(ははそのほし)そして、特に那珂川で茅花星(つばなのほし)、茅蔞星(つばらのほし)、石蒜星(づべらぼし)と言う。〝づ ...

Thumbnail of post image 016

日常

福岡では緊急事態宣言が延長になりまだまだ自粛生活が続きます。
庭の花木が楽しみをくれるのでありがたいです。

これはユスラウメ。
実家に大きな木があって、子供の頃は実のなる季節が楽しみでした。

痛 ...

Thumbnail of post image 017

2021年5月22日未分類

wordpressをDBごと削除して再インストール。
テーマも変えてみました。
しばらくは過去記事をリライトしていく予定です。

Thumbnail of post image 175

2018年6月5日『儺の國の星拾遺』,Alkes,田付星

6月5、6日頃は二十四節気の芒種にあたる。

稲や麦など芒(のぎ)のある作物を播種する時節だ。

芒種は太陽の運行に基づいたものだが、星の運行もまた農事の目安とされていた。

その一つがコップ座のAlke ...