Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Alkes⑮ 祖先は彗星が生命の源であったと信じてきた

 彗星は生命の源と考えられていたそうです。

 『儺の國の星』『儺の國の星拾遺』より該当部分を引用します。

 暗黒の宇宙の彼方から白一条の彗星が大地に近づく。祖先はその白い光が地上の生命の源であったと信じてきた。天孫降臨の天浮橋(あめのうきはし)の物語はまさにその描写に外ならなかった。

(『儺の國の星拾遺』 p.50

 昔の人は新しい品種は天から授かるものと信じておりました。生命の起源は宇宙にありと言う概念は、極東の民族だけでありまして地中海文明は混沌こんとんたる世界から分離蒸発した宇宙に天と地の境なるところに生れた人間が昇天することになっておりました。
 昔の人は日々の生活を向上させる新しい草木の品種は、総て星や雨や風から誕生すると信じておりました。これは宇宙空間の自然放射能による突然変異を期待してきた形になっております。現代科学による人口放射能から生成される生物異変はどれもこれも奇形ばかりで、しかも一代限りであります。ところが自然放射能から出る系統は永遠の進化能力を賦与ふよされております。昔の人は田廻り山廻りして常に新しい品種を採集してその種子を繁殖させておりました。

(『儺の國の星』p.13 )

 地上の生物の進化は、かくのごとき特殊な宇宙放射能によって突然変異と適者適存を五十六億七千万代の年月を経過して現在に至りました。
 日本人の祖先はこの宇宙の神秘を造化の神々の所作と信じてきたのであります。

(『儺の國の星』p.15

 
 彗星接近の際何らかの変化が植物に起こったことがあり、《祖先はその白い光が地上の生命の源であったと信じてきた》のですね。

 古代の人は、自然界の微小な変化を感じていたのでしょう。

 「新しい品種は天から授かるもの」「宇宙空間の自然放射能による突然変異を期待してきた形」という考えには頷けるものがあります。

 また、「昔の人は田廻り山廻りして常に新しい品種を採集してその種子を繁殖」したのだそうです。
 自然交配や突然変異で新種ができることはあるので、そうして出来た種から豊かな実りがあることを経験的に知っていたのだと思います。

 この箇所を読んだとき、私は「龍の瞳(いのちの壱)」というお米を思い浮かべました。
 食味抜群のこのお米、偶然背が高い一群があったのを農家の方が大切に増やしたものだそうです。
 まさに「日々の生活を向上させる新しい草木の品種」が「星や雨や風から誕生する」事を示した例ではないでしょうか。

    ||***||***||***||***||

 それにしても、彗星が世界の始まりという考え方があったことは驚きでした。
 
 その考え方は、北辰信仰が現れる以前のスタンダードだったというのです。(アルケス⑧に詳述。)

 面白いです。

Alkes⑭ 彗星と黒白の祭祀

  彗星が黒い夜空に白い尾をひくことから、色彩の黒白の話へと展開します。
 

 暗黒の宇宙の彼方から白一条の彗星が大地に近づく。祖先はその白い光が地上の生命の源であったと信じてきた。天孫降臨の天浮橋(あめのうきはし)の物語はまさにその描写に外ならなかった。

(『儺の國の星拾遺』 p.50

 玄白とは陰唇の色調を漢語に容約した形容である。百姓は卯月(うづき)の頃若草を外し、黒い生土を掘り起し空の白さを映す溝を開く。自ら成さずして玄白の理を心得ており、もって秋には神前に黒酒白酒をささげて、又来る年の豊饟を祈ってきたのである。

(『儺の國の星拾遺』 p.50

 「百姓」は「自ら成さずして玄白の理を心得て」いて、秋に「神前に黒酒白酒」を捧げるとあります。

 そういえば新嘗祭に供えられる神酒は黒酒と白酒でした。

 新嘗祭の白酒黒酒しろきくろきは、萬葉集の時代には既にあったようで、古い風習なのだと思います。

 

 
【原文】
 廿五日新甞會肆宴應詔歌六首
  (中略)
四二七五 天地与 久万弖尓 万代尓 都可倍麻都良
     牟 黒酒白酒乎

【訳文】
 二十五日、新甞会にひなへのまつり肆宴とよのあかりにして、詔に応ふる歌六首
  (中略)
四二七五 天地あめつちと ひさしきまでに 万代よろづよ
     に つかまつらむ 黒酒白酒くろきしろき

*太字はnakagawa

(参考:『訳文萬葉集』鶴久編/おうふう)

 

 黒酒白酒というと思い出すのは夏時代(前18~17世紀)の 白陶盉・黒陶盉。

 白陶盉・黒陶盉(夏時代・前18~17世紀)
白陶盉・黒陶盉(夏時代・前18~17世紀)河南博物院
「誕生!中国文明」展図録より

 祭祀に用いられたらしいこの器、『儺の國の星拾遺』の言を借りれば、彗星の色彩である黒と白を尊ぶところから来ていることになりそうです。

 そして、おそらく新嘗祭の黒酒白酒もその流れにあるのではないかと思いました。

   ||***||***||***||***||

 黒と白の祭祀でわかりやすい例というと、鯨幕ではないでしょうか。

鯨幕
鯨幕

 今では仏事のイメージがありますが、本来これは高貴な色とされたそう。

 皇室の行事や出雲大社などではこちらが使われるそうです。

 古代中国の黒白祭祀の伝統が日本にやってきて、新嘗祭の黒酒白酒などに残っているとしたら興味深いです。

   ||***||***||***||***||

  祭事の色彩と言えば紅白もありますね。『儺の國の星拾遺』には、赤と白は北欧由来だと書かれていました。
 (Zuhr④ 紅白は北欧由来 紅はフレイヤ白はユール
 

 黒白の祭祀と紅白の祭祀は発祥が違うのですね。

 黒白は中華由来、紅白は北欧由来。だとすれば面白いです。

 ちなみに新嘗祭の黒酒は久佐木という植物の灰を混ぜたものだそうで、古代は赤米黒米から造っていたという説がありますが、『儺の國の星・拾遺』には、黒酒は果実酒で白酒は穀物酒だと書かれています。

 果実酒で真っ先に思いつくのはワイン。

 ここにも西洋の文化が入っているのだとしたら、本当にいろいろな文化がミックスされているのだと思いました。

参考までに、酒造メーカー月桂冠のサイトに黒酒白酒についてわかりやすいページがありましたので紹介します。

白酒・黒酒(しろき・くろき)大嘗祭、新嘗祭で供えられ、神と共に食される御酒

高野山奥之院

紀州に行きました。

高野山にちょっとだけ寄り道。

お大師様にお参りさせていただくだけなので、奥之院の燈籠堂地下へ直行です。

ここは大師が入定された場所と同じ高さにあり、正対して礼拝できることで知られています。

読経されている方のお邪魔にならないよう、法具と数珠に触れさせていただいたら後ろに下がって手を合わせました。

それから、黒田家の墓所にも。

豊臣家の墓所と向かい合っているのは、官兵衛のおかげで天下を取れたからだそうです。

ほんとかしら。

補足

この記事は、はじめ空海の入定に関する内容を書いていましたが、後でその部分を削除しています。

なぜなら『続日本後紀』の荼毘に関する記述を知らずに書いていたからです。

空海が火葬されていたとすると話が違ってきますので、仁明天皇承和2年三月庚午の「不能使者奔赴相助茶毘」について、もう少し材料を調えてから改めて書こうと思います。

『続日本後紀』は国立国会図書館デジタルコレクションで読むことが出来ます。

空海の荼毘に関するページは→こちら