Denebola③ 「鷹雉たかとり」星は漢代の踏歌「赤鳳凰来」を想起させる名

 デネボラの別名「綾歌星」「鷹雉星」「夜楽星」は、音曲に関係する名付けとして一括りで語られています。  整理して箇条書きにしました。   「綾歌星」 三拍子の音曲〝綾歌〟からついた名で、神楽舞の中の三拍子の踏歌がこの系統...

Denebola② 鷹雉星たかとりぼしとも云い 夜楽星よかぐらぼしとも言う

 Denebola(デネボラ)の別名に「鷹雉星(たかとりぼし)」「夜楽星(よかぐらぼし)(注1)」があります。  鷹雉星(たかとりぼし)とも云い、夜楽星(よかぐらぼし)(注1)とも言う。〝たかとり〟とは、あの朱紅の羽の装...

歌川広重 - Current version is uploaded by Racconish, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3790813による

Zuhr⑩’ 天智帝が水城を疎水式に船を通す湖にしたとして それは二つあったのではないかという試論

Zuhr⑩で、天智帝が水城を疎水式に船を通す湖にした話を紹介しました。 そして、地形が現在と同じで王城神社が既に現在地にあったとすると、田中熊別の陵あたりまでしか水が無かったことになるという所まで書いていました。 つまり...

Zuhr⑤ 猿田彦命を山王として比叡山の日枝神社に祀った

紅白は北欧神話の二神で、紅はフレイヤ白はユールだと言う話を前回紹介しました。 紅白からの連想でしょうか、話題は猿田彦命の話に飛びます。 (猿田彦の姿は赤い顔と白い髭で表現されることがありますね。) 紅が来る年、白は去る年...

Zuhr③ 「なかて」とは竿に紅白の布を螺旋状に巻いて神を先導する器

前記事で、獅子座の一部を中国では「軒轅」と呼び、昔の人は「なかてのほし」と言った事を紹介しました。 また、「なかて」とは「時間空間の無明未妙の状を形容した古語」であり、「“とりつぎ” 或は “ひきあひ” など媒酌人的存在...

Zuhr② 獅子座を軒轅と言い 古人は「なかてのほし」と言った

中轅星(なかえぼし)(獅子座δ星)の「轅(ながえ)」の文字は、 車輪が付いた乗り物を引くため前方に長く出た棒のことです。 コトバンクより引用 獅子座を構成する星々を黄帝の乗る車に見立てた、中国式星座から来た名付けのようで...