Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
      

Zuhr⑤ 猿田彦命を山王として比叡山の日枝神社に祀った

紅白は北欧神話の二神で、紅はフレイヤ白はユールだと言う話を前回紹介しました。 紅白からの連想でしょうか、話題は猿田彦命の話に飛びます。 (猿田彦の姿は赤い顔と白い髭で表現されることがありますね。) 紅が来る年、白は去る年...

Zuhr③ 「なかて」とは竿に紅白の布を螺旋状に巻いて神を先導する器

前記事で、獅子座の一部を中国では「軒轅」と呼び、昔の人は「なかてのほし」と言った事を紹介しました。 また、「なかて」とは「時間空間の無明未妙の状を形容した古語」であり、「“とりつぎ” 或は “ひきあひ” など媒酌人的存在...

Zuhr② 獅子座を軒轅と言い 古人は「なかてのほし」と言った

中轅星(獅子座δ星)の「轅(ながえ)」は、 車輪が付いた乗り物を引くため前方に長く出た棒のことです。 コトバンクより引用 獅子座を構成する星々を黄帝の乗る車に見立てた、中国式星座から来た名付けのようです。  獅子座を軒轅...