Nils Blommér [Public domain], via Wikimedia Commons

Zuhr④ 紅白は北欧由来 紅はフレイヤ白はユール(香椎宮宮司木下祝夫博士による)

竿に紅白の二条の布を螺旋状に巻いたものを“なかて”といい、神を先導する器だとする話の続きです。 お祝い事などで紅白を用いるのが当たり前になっていますが、この2色について興味深いことが書かれています。 香椎宮司木下祝夫博士...

Zuhr③ 「なかて」とは竿に紅白の布を螺旋状に巻いて神を先導する器

前記事で、獅子座の一部を中国では「軒轅」と呼び、昔の人は「なかてのほし」と言った事を紹介しました。 また、「なかて」とは「時間空間の無明未妙の状を形容した古語」であり、「“とりつぎ” 或は “ひきあひ” など媒酌人的存在...

error: Content is protected !!