Thumbnail of post image 008

『儺の國の星拾遺』,彗星,

北辰妙見が生命の始元という信仰が現れる以前は、すべて翼が万民の事始めになっていた。 (『儺 ...

『解体新書』 クルムス著 杉田玄白・前野良沢・中川淳庵・桂川甫周訳 小田野直武画 1774年(安永3)刊国立国会図書館所蔵

『儺の國の星拾遺』,彗星,

解体新書を著した杉田玄白(一七三三~一八一七)の名は翼(よく(*ママ))であった。翼(** ...

Thumbnail of post image 046

『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,田付星

暗黒の宇宙の彼方から白一条の彗星が大地に近づく。祖先はその白い光が地上の生命の源であったと ...

Thumbnail of post image 176

2021年8月10日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星

筆者によれば、昔の人は新しい草木の品種は天から授かるもの・星や雨や風から誕生するものだと信 ...

クルケンベルク彗星

2021年7月5日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,

コップ座Alkesの章は彗星に関する話が続く。  昔は彗星の尾がかかる山を観と定めて、ここ ...