Thumbnail of post image 104

2022年11月27日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,水城,遺跡

水城の土塁は御笠川の部分が開いている。(以下〝欠堤部〟と表記。) ここにもかつて土塁があっ ...

Thumbnail of post image 031

2022年9月8日『儺の國の星拾遺』,水城

天智天皇が水城を疎水式に船を通す湖に切り替えたとして、現在の水城土塁の高さは分水界の標高よ ...

Thumbnail of post image 016

2022年7月19日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,水城,遺跡

水城は筑紫国造磐井がひらいた瀦水畓だった、という話を紹介したが、天智天皇はこれを疎水式に船 ...

Thumbnail of post image 006

2022年5月21日『儺の國の星拾遺』,水城

水城は太宰側に貯水されたとする説を前々記事で紹介した。 河川工学の専門家によって発表された ...

Thumbnail of post image 200

2022年5月2日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,水城

福岡県太宰府市と大野城市にまたがる水城は、『日本書紀』天智天皇3年に「又於筑紫築大堤貯水名 ...

Muyo - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22567832による

『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』

福岡県太宰府市と大野城市にまたがる水城は、もともと筑紫国造磐井がひらいた瀦水畓だという話を ...

Thumbnail of post image 060

2022年4月12日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』

〝なかて〟とは「〝とりつぎ〟或は〝ひきあひ〟など媒酌人的存在」を意味する言葉だったが、諫早 ...

Thumbnail of post image 030

『儺の國の星』

前記事で触れた、筑紫の神々が畿内に遷座したという話には続きがある。 筑紫の神々は畿内に遷座 ...

Thumbnail of post image 150

『儺の國の星』

最澄に関する背振山周辺の伝承は、つまるところ背振の山岳寺院を権威付ける付会ではなかったかと ...

Thumbnail of post image 022

2022年4月4日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』

前記事紅白の話から、話題は猿田彦命の話に飛ぶ。 猿田彦の姿が赤い顔と白い髭で表わされる場合 ...