Thumbnail of post image 019

『儺の國の星拾遺』,彗星,

北辰妙見が生命の始元という信仰が現れる以前は、すべて翼が万民の事始めになっていた。 (『儺 ...

『解体新書』 クルムス著 杉田玄白・前野良沢・中川淳庵・桂川甫周訳 小田野直武画 1774年(安永3)刊国立国会図書館所蔵

『儺の國の星拾遺』,彗星,

解体新書を著した杉田玄白(一七三三~一八一七)の名は翼(よく(*ママ))であった。翼(** ...

クルケンベルク彗星

2021年7月5日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,

コップ座Alkesの章は彗星に関する話が続く。  昔は彗星の尾がかかる山を観と定めて、ここ ...

Thumbnail of post image 068

『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿,彗星,

ハレー彗星の周期がちょうどカリポス周期になっているのを利用して、太陰暦と太陽暦を調整してい ...

Thumbnail of post image 092

2021年6月18日『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿,彗星,

前記事〝「翼」は宇宙の彼方から飛来する彗星の門であった〟の続き。 前記事のポイントは次の二 ...

Thumbnail of post image 095

2021年6月12日『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,

タイトルにある「翼」とは二十八宿の一つ翼宿のことだ。 西洋式星座「コップ座」のAlkesは ...

Thumbnail of post image 029

2021年6月9日『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿

コップ座Alkesは、二十八宿では「翼」を構成する星となる。 春の星座と二十八宿はこんな風 ...