『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿,彗星,

前記事〝「翼」は宇宙の彼方から飛来する彗星の門であった〟の続き。

前記事のポイントは次の二点。

    1、古代中国で彗星は鳳凰に例えられ、二十八宿の一つ「翼」あたりに現れた。
    2、彗星が現れると蓂莢(めいらい)という瑞草が生じたとされ、暦に関することが託されている。

以上を踏まえ、二十八宿の「翼」に現れたという彗星について考えていきたい。

本文

まずは本文を引用する。

 胡人は彗星を鳳凰にたとえた。その間隔七十六歳、太陰暦を太陽暦に調節する時間的領域の限界であった。

(『儺の國の星拾遺』p.51)

短い中に情報が詰まっているので、一つずつ見ていこうと思う。

その間隔七十六歳

〝その間隔七十六歳〟とある。

周期76年の彗星ということだ。

周期76年と言えばこれはもうハレー彗星である。

二十八宿「翼」に現れた彗星というのはハレー彗星とみていいだろう。

太陰暦を太陽暦に調節する

ハレー彗星の周期76年は〝太陰暦を太陽暦に調節する時間的領域の限界〟であるという。

どういうことだろうか。

まず〝太陰暦を太陽暦に調節する〟について。

太陰暦は月の満ち欠けに基づいた暦だ。
周期はおよそ29.5日。

これを1ヶ月の単位として12ヶ月で一年とする。
29.5日×12=354で、1年はおよそ354日となる。

一方太陽暦の1年はおよそ365.2日である。
太陰暦は太陽暦より約11日短いことになる。

1年で11日のズレは年を重ねるごとに拡大していく。
日付と季節も合わなくなるので、どこかで太陽のスケジュールに合わせる必要があるということだ。

メトン周期のこと

太陰暦を太陽暦に調節する一つの方法として、3年ごとに閏月を入れるというのがある。
3年で約33日ずれるので、ちょうど一月分をダブらせて合わせるのだ。

しかし、これでもズレは残る。
どうすればもっと差を小さく出来るだろうか。

さてここで、上の図をよく見て欲しい。
太陽暦で2021年6月16日から一年ごとの同日同時刻の月の位置を示している。(拡大推奨)

これを見ると、2021年6月16日の月は「しし座」にあり2022年6月16日の月は「いて座」にあるというふうに、同日同時刻でも年ごとに月の位置も形もバラバラであることがわかる。

だが、19年後の2030年に再び「しし座」に現れている。
しかも月の形もほぼ同じである。

同じ日に同じ月が現れるというのは、太陰暦を太陽暦に調節する目安としてピッタリだ。
この時を基準にすればよい。

実はこれ、メトン周期と言って、昔から閏月を入れる回数を求めるのに用いられていた。
簡単に言えば太陽暦と太陰暦の最小公倍数だ。

太陽年の19年は何日か計算してみると、365.2日×19=6938.8日である。
この6938.8日を月の朔望周期29.5で割ると、6938.8日÷29.5=235.213559322・・・で、小数点以下四捨五入して約235となる。

よって「19太陽年と235朔望月は等しい」と言える。
これがメトン周期だ。

カリポス周期のこと

メトン周期の「19太陽年と235朔望月は等しい」は、完全に一致しているわけではない。
やはり長い間に誤差は大きくなっていく。

そこで登場したのがカリポス周期だ。
「76太陽年と940朔望月は等しい」とするもので、これによってメトン周期のズレが修正された。

そう、ハレー彗星の周期76年に意味があるのはこれ故なのだ。

太陰暦を太陽暦に調節する時間的領域の限界

そもそも地球や月の運動は整数ではなく、小数点以下何桁まで計算するかの世界だ。
あくまでも近似値である。
76年でも完全に一致するわけではない。

太陰暦と太陽暦を調節するのに、もう一つヒッパルコス周期というのがある。
「304太陽年は3760 朔望月」と等しいとするもので、カリポス周期より更に誤差が小さい。

だが、304年というのは人間の寿命を考えると長い。
カリポス周期の76年であれば、一生のうち一度はその時を迎えられる。
長生きすれば、若いときの計算を晩年に確かめることも出来る。

筆者が〝時間的領域の限界〟と表現したのはそういう意味だと考える。

まとめ

改暦や暦正は為政者にとっても民にとっても大変なことだ。
そろそろ調整をしなければと思っていても、タイミングが難しいこともあるだろう。
人々に広く知らせ、納得させる必要もある。

それをハレー彗星という見える形で知り、人々に知らせることが出来るとしたら素晴らしい装置だと思う。

『竹書紀年』の堯帝や成王の記事は、その様子を記したのではなかったかと思う。

また彗星は軽いので、惑星の引力で軌道が変わることもある。
軌道が変われば周期も変わる。エドモンド・ハレーが1857年に回帰すると予言した彗星が、実際には618日遅れたのもそのためだった。

彗星が予定より早く来ても遅く来ても対応できるように、次の回帰年の前後にそれぞれ12年を加えて考えたという話もある。それが国家100年の計の語源だそうだ。
〝さきとり〟〝あととり〟もここから生まれた言葉とのこと。

彗星は宇宙空間の 度合、即ち五星に配置如何によって必ずしも七十六歳の原則に従わない。その早晩を見て胡人は次の来たるべき七十六歳の暦日を算定した。前後に各々十二歳を従えた年月が、即ち“国家百年の大計”の語源であった。
(中略)
”さきとり”とは常に七十六歳を中におき、手前に十二歳、向に十二歳を並べて、年毎に未来百歳の暦日を組み立てる技業(わざ)を言った。暦日は季節と合致することが百姓の生計にかかる重大事であるから、時がたつにつれて予測と現実と一致するもあり、一致せざるもあり、これを子孫後世に記録して正しく伝へるを”あととり”といった。この日課は天子よりも太子の仕事であったところから、あととりが嗣子(けいし)の意に普及したのである。
(『儺の國の星拾遺』p.51)

伝承が本当であれば、堯帝の時代には既にこういう計算が行われていて、時を経て真鍋家が引き継いでいたことになる。

凄い話だと思った。

『儺の國の星拾遺』,Alkes,彗星,

タイトルにある「翼」とは二十八宿の一つ翼宿のことだ。

西洋式星座「コップ座」のAlkesは、中国式二十八宿では「翼」宿の星となる。

しばらく翼宿に関する話が続く。

古代中国において、この「翼」宿に彗星が現れる事がしばしばあったようだ。

中国の史書『竹書紀年』を引いて、「景星に出づ」とは〝彗星が翼宿に現れた〟の意味だとしている。

翼は宇宙の彼方から飛来する彗星の門であった。
竹書紀年(中略)帝堯陶唐氏七十(前二二七九)年に

 景星に出づ。草莢階(さうらいとも)()()ゆ。月の朔に始めて一莢を生ず。月の半に十五莢を生ず。十六日以後、日に一莢を落とす。乃ち晦に()()く。月の小なれば、(すなは)ち一(らい)もみぢして而して落す。名を蓂莢(めいらい)と曰ふ。一に暦莢(れきらい)とも曰ふ。

彗星が近日点を通過する前夜の描写である。

(『儺の國の星拾遺』p.50~p.51 改行・太字はnakagawa)

(私注:蓂莢= 中国古代の伝説的な聖王堯の時代に生じたという瑞草。毎月一日から一五日までは毎日一葉ずつ生じ、一六日以後は一葉ずつ落ちるという草で、これによって暦を知ったという。蓂莢草。)

『竹書紀年』からは周の成王十八(前一〇九八)年の記事も引用されている。鳳凰が彗星のことだそうだ。

竹書紀年 周成王十八(前一〇九八)年に、
 鳳凰(*あらは)る。事の河に有るを()る。
 武王没して成王(わか)し。周公旦政を()ること七年。禮を(ととの)へ樂を作る。神鳥鳳凰(あらは)る。蓂莢(べいらい)()ふ。(すなは)ち成王と(とも)に河洛に璧の沈めるを観る、禮畢(をは)りて王退く。

(『儺の國の星拾遺』p.50 *るび・改行・太字はnakagawa)

彗星と蓂莢がセットになっていることが重要らしい。

私見だが、彗星と蓂莢を組み合わせることで暦のズレを修正したのではないかと考えた。

1太陽年が365.25日、1朔望月が約29.53085日である以上、どうしてもズレが生じてくる。
どこかで調整しなければならない。

その工夫が彗星であり蓂莢だったのではないだろうか。

都合のいいことに、暦の調整にぴったりの周期を持つ彗星も太陽系にはある。

次回はその話をしたいと思う。

2021年6月9日『儺の國の星拾遺』,Alkes,二十八宿

コップ座Alkesは、二十八宿では「翼」を構成する星となる。

春の星座と二十八宿はこんな風に重なり合う。

コップ座と翼宿の重なりを拡大。

「翼」の名の通り、鳥が翼を広げているようにも見える。
これは(こふのとり) が羽を広げた形だそうだ。

大陸の星宿名は翼である。この星が南の空に見える頃は晩春で、鶴や鴨が翼を広げて霞の中を北に飛びさる頃である。
(中略)
翼とは(こふのとり)が羽を広げた形であるが、漢方の言葉では、女人が腰をひらき子を産む姿の意に流用されていた。

(『儺の國の星拾遺』p.49)

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

余談になるが、翼宿の和名を「襷星(たすきぼし)」と言う。
Alkesの別名「田付星(たつけぼし)」と発音が似ている。

星の和名を収集された野尻抱影氏によると、「たすきぼし」は「(たす)く」から来ているということだが、案外「たつけぼし」が先にあったのかもしれないと思う。

というのも、二十八宿の和名は古い辞書には出て来ず、よく引用されるのが江戸時代の辞書『和爾雅』だからだ。
これは筑前福岡藩の学者貝原篤信(益軒)・好古親子によるもので、執筆の契機についてこんな話があるのだ。(拡大推奨)

これによると、太宰府の古暦の写本が保存されていた旧家に滞在した折、主人から「何か國中歴訪の折には星の話も誌さるべき」と進言されたことに〝いたく〟心を動かされたことが契機とある。
しかも〝和漢の星名索引〟なる『続石位資正』の執筆を志したと書かれている。

貝原篤信(益軒)のその志の源になったのは、太宰府の古暦の写本ではなかったか。
それは那珂川の庄屋にも保管されていたもので、『儺の國の星』『儺の國の星拾遺』の元となっている。

よって順序からすると「田付星」が先で「襷星」が後だと思うが、他にもいろいろな資料を見たはずなので音が似ているのは偶然だろう。

次ページは貝原篤信に影響を与えた筑前山口村平等寺について。
ローカルな話だが興味のある方はどうぞ。

『儺の國の星拾遺』,Alkes

春は水辺の世界にも訪れる。
Alkesにはそこから来た名もある。

夜半に吹き荒る海風が募る頃になると白魚(しらす)即ち、氷魚(ひうを)が川を遡る。百姓はこの星座の名を心得ていたか、すでに近東の空の知識を何時か何人かに口伝へながら教えられていたものか、漁師の持つ魚掬いの ざるや漕ぎ乗る舟の形に見立てていたものか、 板付星いたつけのほしの名があった。水温み舟を入れる季節のはじまりである。磯の石を積み上げたところに春近きを知る魚の群れを感じる名であって、鯔寄星(いなつきのほし)が昔の書き方であったかもしれない。菜著星(なつきのほし)とは、海藻が冬の潮に浚われて浜に打ち上げられる季節である。

(『儺の國の星・拾遺』p.52 太字はnakagawa)

板付星いたつけのほし

この星が見える頃遡上する、氷魚を掬う笊や漕ぎ乗る舟に見立てていたとのこと。

コップ座の形はなるほど竹製の魚籠に似ているかもしれない。

コップ座

魚籠
DAO-26521 藝術,美工,設計,素材,廣告,廣告素材

だがコップ座から連想しうる〝漕ぎ乗る舟〟の形とは??
笊に例えられているので、竹で編んだ舟なのだろうか、ベトナムにあるような。

http://www.oceandictionary.jp/z/z19000/z19032.jpg

ベトナムの竹籠舟
「海洋総合辞典(http://www.oceandictionary.jp/scapes1/scape_by_randam/randam9/select932.html)より引用

それとも竹筏のようなものなのか?
〝板〟付とあるから、板舟のはずだが。

これに関してはよくわからなかった。

鯔寄星(いなつきのほし)

鯔とあるのはボラのようだ。
河口や内湾の汽水域に生息し、関東から九州の太平洋側では、10月から1月にかけて海で産卵し、翌春幼魚が沿岸の河口や河川に群れを成して遡上してくる。
古名を「クチメ」といい、『日本書紀』で山幸彦が無くした釣針を口から出したのがこの魚だという説があるらしい。(「日本の旬・魚のお話」より)

昭和の初め頃までは、春先の沿岸でバシャバシャと群れる様子がよく見られたようだ。
まさに〝磯の石を積み上げたところに春近きを知る魚の群れを感じる名〟と言える。

なお余談ながら補足しておくと、〝磯の石を積み上げたところ〟とは湊の護岸のことである。
ページ数をメモし忘れたが『儺の國の星』にこのように書かれていた。(文もバラバラに抜粋)

倭人は胡人を〝つきひと〟とよんでいた。太陰暦の氏族の意であるが 又漂着の船人の形容でもあった。自らの力で海底に潜って石を抱きあげては磯城を築いてきた。

〝しき〟も〝たまかき〟も〝みづがき〟も湊の入り口に八の字型に築き並べた石群の垣であって、津波や網引きの勢力を吸収しもって中に繋ぎ留めた船の流れ去るを守る仕組みであった。

住江(すみのえ)とは〝しきのうみのえ〟即ち磯城(しき)でかこった湊のことであった。

湊の入り口に八の字型に築き並べた石群の垣
〝湊の入り口に八の字型に築き並べた石群の垣〟の例

菜著星(なつきのほし)

地上の草木だけでなく、水中の藻類も芽吹く季節。
海藻が春の嵐で海岸に打ち上げられた光景からついた名。
春は漂着ワカメの季節。
これも季節の風物詩。

CC 表示-継承 3.0, リンク

『儺の國の星拾遺』,Alkes

「田付星」Alkesには春の植物の名前もついている。

田付星(たつけぼし)は又蘩蔞星(はこべらぼし)柞星(ははそのほし)そして、特に那珂川で茅花星(つばなのほし)茅蔞星(つばらのほし)石蒜星(づべらぼし)と言う。〝づべら〟とは彼岸花の葉の方である。葉ありて花の咲けるを知らず、花燃ゆるとも葉の緑なるを知らず、故郷に祖先の墳墓の 何處いづこにあるかを知らぬ 蒼氓そうぼうの心であった。

(『儺の國の星拾遺』p.50)

文字だけではピンとこないが、(ははそ)以外は春先によく見かける草花の名だ。

蘩蔞

コハコベ
コハコベ
By Kaldari投稿者自身による作品, CC0, Link

茅花・茅蔞?

石蒜(彼岸花の葉)

朝姫 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=61784068による

 彼岸花は秋の彼岸頃に赤い花だけが咲き、花が終わると葉が伸びて来て翌年の春枯れる。
それが「故郷に祖先の墳墓の何處いづこかにあるかを知らぬ蒼氓の心」を表しているとのこと。
この地には渡来系の人たちがいたことになる。

最後に(ははそ)

ははそ」は一般的にはコナラや近似種のクヌギ・ミズナラの事とされているが、『儺の國の星拾遺』には別のことが書かれている。

昔は夏至の日に老いも若きも相睦び相和す祭りがあった。これを周の世は さくとよび、秦の世には 臘とした。八百萬神やほよろずのかみの相集う月であったが、後には祖先の霊魂をこの日に一括して祀ることになったのは漢(前二〇二~後八)の世に入ってからと聞く。祖先の命日が如何なる孝の厚き子孫と雖も、相重なり相継ぎ、もって祭りあはすことが出来なくなったからである。それほど極東の民族は祖先の行蹟をよく心に銘じていたのである。この日祭壇に立てる木を さくとし、祖先は〝ははそ〟と訓じた那珂川に自生する 楊梅やまもももまた〝ははそ〟の一つであり、古墳の上に植える式例があった。今の神事の〝さかき〟は後世の代用である。

(『儺の國の星拾遺』p.29太字はnakagawa)

夏至の祝祭に立てる木が(ははそ)だという。
そして那珂川に自生する楊梅もまた(ははそ)の一つだと。

楊梅といえば、那珂川市の木だ。

那珂川市市ノ瀬日吉神社の境内には、市の木の由来となった楊梅の古木がある。

Alkesを柞星(ははそのほし)と名付けたのは、石蒜星と同じように故郷や先祖を偲ぶ心だったのだろうか。

さほど明るくないAlkesが望郷の星になる不思議。

まだまだわからないことだらけだ。