猿田とは水漲田(さはりだ)の略である

こんな話が書かれています。

猿田(さるたとは、水漲田(さはりだの略である。古語で “さ” は水であった。早稲(さなえは籾から出た芽が水の上に細くのびたばかりの稲をいう。してみると早稲とは発芽を水温によって早めた陸稲のことになるのである。四月に植え八月に刈る品種が育つところが猿田であった。

(『儺の國の星拾遺』p.31)

「猿田」というと猿田彦を思い浮かべますが、これは「水漲田」つまり水を張った田のことだというのです。
音韻的に、「サハリダ」をどう略すれば「サルタ」になるのかさっぱりわかりませんが、そういうものとしておきます。(参照:サ行子音の歴史・他/国立国語研究所)

そして語義として、“さ”は水の古語なのだそうです。
そういえば関東の方で、田植え仕舞いの行事“さなぼり”の“さ”は「水」を意味しているという説があるそうです。
この言葉、案外古形を残しているのかもしれませんね。

また長野県上伊那郡の方言では、“さ”は水田の面積のことだそう。
これが水漲田(さはりだから来ているのだとしたら興味深いのですが、実際どうなのかはわかりません。

“発芽を水温によって早めた陸稲”というのは、収量を上げるための工夫でしょうか。
これは直播きではなく、苗を育成するやり方です。

また、そもそも水田の水は寒さから稲を守るためだそうです。
水が稲を保温するのだそう。
水で発芽を早め、水で田を保温すれば、早く収穫できるし収量も増える。
それが「サルタ」なんですね。すごい。

そういえば「森のくまさん」という食味日本一になったお米があるのですが、生産者の方が平山温泉に種籾をつけているのを見たことがあります。

種籾の発芽は水温と浸した時間の積算だと聞きました。
水温が温かいとつける時間を短く、冷たいと長くするのだそう。
水温が低い方が安定して水分を吸収するので失敗が少ないそうですが、品種やその年の天候なども考慮して行うのだそうです。

確かに、苗床の時期に適温でなければなりませんし、定植する頃の天気も大事です。
籾を漬ける段階、あるいはその前に、その年の田植えや収穫時期の天候を予想するんですね、すごいです。
陸稲から水稲への改良技術は、こんな風に今も生きているのですね。

猿太星」の由来が「水漲田」とそこで栽培する赤米に由来するのだとしたら、この星を指標に季節を知り耕作した人たちがいたと言うことになるでしょうか。

浮かんできたワードは「夏至」と「稲作」。
この星が見える頃、夏至と早稲の収穫を迎えたからです。

ふと思い出したのでメモ。

田植えが機械化される前は、籾をつけるための“種池さらえ”はコミュニティの共同作業でした。
「種池」や「種池という地名」をたどると、稲作のことがわかるのかもしれません。

沙羅星と伽比良星は時代が違う言葉

さそり座のシャウラといて座のカウスアウストラリスは、いくつかの別名を持っていました。

その中で、夏至の祭りに関係している「沙羅星」と「伽比良星」について考えています。

「沙羅星」は中国の周と秦の時代から来ている名前で、「伽比良星」は殷代の名称が元でした。
(過去記事参照:沙羅星と伽日良星沙羅星と伽日良星の由来

この違いは何だろう?と思いました。

自分用のメモですが、整理すると次のような流れになります。

沙羅星と伽比良星の命名関係図
沙羅星と伽比良星の命名関係図

図から「伽比良星」は発生が殷代と古く、BC1700年頃に遡る言葉だとわかります。

一方「沙羅星」の方は、周と秦代に存在した二つの言葉の合成語として秦代に生まれたと考えられるので、少なくともBC778年以降の言葉です。

殷の時代BC1700年頃と秦が建国されたとするBC778年は1000年の開きがありますが、時代の違う二つの言葉が同時に日本に存在していたことになりますね。

殷文化を継ぐ氏族と周秦文化を継ぐ氏族がそれぞれ渡ってきたとして、いつごろどういう文化の継承がなされたのか興味が湧きます。

さて、渡来人の文化の継承は置いておいて、純粋に星の話をしましょう。

夜空を見ると、沙羅星と伽比良星は出没に約40分の差があります。

基準となる星は普通一つですよね?なぜ、時間差のある二つの星が注目されるのでしょう。

これはシャウラとカウスアウストラリスを「猿太星」「挙母星」で括ったときからの疑問でした。

もしかすると、なのですが。
星の名前の元となった時代の、当時の國の中心位置によるものかもしれません。

殷と秦はどちらも遷都をしているので限定できませんが、現在の殷墟(殷後期の中心地跡)と阿房宮跡(秦の王宮跡)で言うと、東経114°と東経108°で6°の違いがあります。

15°で1時間ですから、6°だと24分の差が出ます。
星の差の40分にはなりませんが、地形も関係しますから単純に経度だけでは測れません。
殷の方が秦よりやや東寄りにあることは、沙羅星(殷代の名称)が伽比良星(秦代の名称)より早く上ってくることと合っています。

夏至祭りという風習は殷代も秦代も行われていて、基準となる星が土地に合わせて変わった、ということはありそうです。

だから同じような働きをする星が二つあるのかもしれません。

同じ働きをする星が二つある理由について、もう一つ考えられることがあります。

それは、真鍋家には「太宰府の官人の草稿」と「再興を期して常陸から持ってきた文書」があったことです。

太宰府と常陸だと経度差10°くらいになりますので、天体の出没時刻の差が40分ほどになるのです。
時間的にはピッタリなので、こちらかもしれないなぁとも思っています。

明治期の洪水で文書が失われたそうなので、太宰府の話なのか常陸の話なのかわからなくなっているのかもしれませんね。

さて、二つの星の名前をもたらした人たちは、一体いつどこからやってきたのでしょうか。

前回メモとして出した年表を見ると、同時代にアレクサンダーの遠征があったり、インドには大月氏がいたりで、この時代人の流れはそう単純ではなさそうです。

夏至祭りだったらヨーロッパも関係ありそう。

次回はその話を書きたいと思います。

error: Content is protected !!