Thumbnail of post image 122

『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』

『儺の國の星』を手にした方が星の話だと思って読み始めると、椋の木についての章が続くので面食 ...

Thumbnail of post image 043

『儺の國の星拾遺』

久留米市田主丸町二田(ふたた)月読神社の神紋は月に三つ星紋だが、月の向きに意味があるとすれ ...

Thumbnail of post image 199

日常

『儺の國の星』復刻版第2版と『儺の國の星 拾遺』第2版が那珂川市より出ている。 第二版は用 ...

Thumbnail of post image 037

2023年3月12日『儺の國の星拾遺』,Duhr,中轅星

太子星の名もあった。中世は上人の托鉢の椀の形を想像し、佛壇に供うべき器に見たてたかもしれな ...

Thumbnail of post image 160

『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,Duhr,中轅星

 昔、天山南路の中に鄯善(ぜんぜん)(前一三九~後六三五)なる國が栄えた。隊商の憩う街であ ...

Thumbnail of post image 142

『儺の國の星拾遺』,メモ

大伴家持(七一八~七八五)が、太宰権帥(だざいごんのそつ)大伴旅人(六六五~七三一)と共に ...

Thumbnail of post image 079

2023年1月21日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,メモ

 筑紫を〝つくし〟と読むのは大和の上方の士族(*ママ)であった。地元は今に至るまで〝ちくし ...

Thumbnail of post image 092

『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,Duhr,中轅星

博多の人は太宰府よりもむしろ都府樓(とふろう)の言葉を口にすることの方が多かった。〝とふ〟 ...

Thumbnail of post image 045

水城

水城は大宰府防衛のため築造したとされる土塁だ。 この水城の西方から大野城市・春日市にかけて ...

Thumbnail of post image 068

2022年11月27日『儺の國の星』,『儺の國の星拾遺』,水城,遺跡

2024/01/04追記 2024年1月1日に起きた能登半島地震では最大4㍍の隆起が観測さ ...