Alkes⑥ 柞星 そして市ノ瀬日吉神社のははその木

日吉神社の楊梅
日吉神社の楊梅
 

 コップ座アルケスの別名に「柞星ははそのほし」がありました。

 「 ははそ」とは、一般的にはコナラや近似種のクヌギ・ミズナラの事だそうですが、『儺の國の星拾遺』には別のことが書かれています。

昔は夏至の日に老いも若きも相睦び相和す祭りがあった。これを周の世は さくとよび、秦の世には 臘とした。八百萬神やほよろずのかみの相集う月であったが、後には祖先の霊魂をこの日に一括して祀ることになったのは漢(前二〇二~後八)の世に入ってからと聞く。祖先の命日が如何なる孝の厚き子孫と雖も、相重なり相継ぎ、もって祭りあはすことが出来なくなったからである。それほど極東の民族は祖先の行蹟をよく心に銘じていたのである。この日祭壇に立てる木を さくとし、祖先は“ははそ”と訓じた那珂川に自生する 楊梅やまもももまた“ははそ”の一つであり、古墳の上に植える式例があった。今の神事の“さかき”は後世の代用である。

(『儺の國の星拾遺』p.29太字はnakagawa)

 周代の相睦び相和す夏至の祭り“さく”が、漢代に祖先の霊魂を祀るものへ変化し、祭壇に立てる木の名「(ははそ)」になったと言うことです。 

 ははそというのは夏至祭り“さく”からきた呼称なのですね。
 那珂川に自生する楊梅もははその一つだと書かれています。

 夏至の時期に祖先を祀る人たちが日本へ渡ってきて、その一部(?)がここ那珂川にも居たと言うことになります。

    ||***||***||***||***||

 楊梅といえば、那珂川町の木です。
 これは偶然なのでしょうか。 

 町の木の由来となった楊梅の古木は市ノ瀬の日吉神社にあります。

 由来を書いた説明板。

日吉神社楊梅の説明板
日吉神社楊梅の説明板

 日吉神社には記紀に書かれていない「猿田」の話が伝わっています。

猿田彦命は古事記の天孫降臨の条に最初に現われる国津神であります。天照大神から授けられた斎庭の稲穂を育てるべき水田を開拓して待ち給うた神と語られます。さるたとは今も対馬と種子島に僅に保存されている陸稲の一品種なる赤米のことであります。春に浅瀬の多い川を止めて湖を作り、それに苗を植え夏の日照時に水を引いて秋の収穫まで干し上げる古式栽培のことでもありました。
弥生より後の氏神の鎮守の社は部落を見わたす高台にあるのが普通でありますが、本社が低い川原にあるのは、日夜田廻りに生きてきた古代の農耕の本質を今に伝えているからであります。

(「福岡県那珂川町日吉神社由緒記」より)

 また、「ははそ」は後世「さかき」に代用されたとありますが、この神社には「さかき」の一種とされるオガタマの巨木もあります。
 この神社が大事な場所であることがうかがえます。
 ここは儺の国の原点なのかもしれませんね。

 柞星(ははそのほし)と言う名前は、このような歴史を星に託したものと思われます。



[previous][next]