Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Alkes⑫ 彗星の尾がかかる山 

Hale-Bopp
彗星の尾がかかる山のイメージ図1 (ヘールボップ彗星) 

Hale Bopp over Arizona
彗星の尾がかかる山のイメージ図2 ヘールボップ彗星

Comète C/2011 L4 PanSTARRS
彗星の尾がかかる山のイメージ図3 2013年のパンスターズ彗星

 コップ座α星アルケス(田付星)の章は彗星に関する話が続きます。

 昔は彗星の尾がかかる山を観と定めて、ここに天神地祇を祭った。やがて(かん)に遊ぶ白鳥を(かん)と名付けて倭人はこふのとり” と訓じた。
  (中略)
こふとは七十六歳にして暦正を(さだ)める古語であった。その観のあるところが国府(こふ)であり、日振(こふれ)の略とも説かれていた。たつけもまた日振(ひふり)の古語の一つであったときく。

(『儺の國の星拾遺』p. 51

 何が書いてあるのかさっぱりわからなかった部分です。一つずつ見ていこうと思います。

 まず、《彗星の尾がかかる山》について考えてみました。

 これは高低差のある場所から見あげているか、同じくらいの高さから見ている構図だと思いました。比高はわかりません。

 それで、私の考えるイメージに近いものを冒頭でシェアしてみました。(画像共有サイトflickrより)
 
 「山にかかる彗星」は大体このような見え方をします。
 地平線の下にある太陽と反対方向に尾が伸びるので、普通は核が下で尾が上です。

 「尾がかかる」という表現だと、上から垂れ下がった尾が山にかかっているように思えますが、彗星の尾は山に垂れ下がりません。基本的に上を向きます。
(例外はあります。例えば一九一〇年のハレー彗星は視野一八〇度あったそうですから、見え方は条件にもよります。)
 
 とすれば、彗星が山にかかるというのは、夕方西の空に沈んでいく様子か、明け方東の空に昇っていく様子だと思われます。まだ完全に山に沈んでいないか昇っていて、尾だけ見えている状態です。

 つまり、接する山の端あたりを「観」としたのでは無いかと考えました。

 天神地祇を祭ったのですから、天と地の接点(彗星が沈んでいくところ、あるいは上っていくところ)は重要だと思います。
 その地点か、少し範囲を広げたところを「観」としたように思えます。
 
   ||***||***||***||***||
 
 次に、毎日移動する彗星のどの時点を捉えるのか考えました。
 
 近日点の前なのか後なのか両方なのか、ということです。(近日点が大事なのは、その前後に明るくなり、また太陽の熱で水蒸気の帯が長く伸び、肉眼でも見えるようになるからです。)

 そこでヒントになるのが、
 《観のあるところが国府(こふ)》で
 《こふとは七十六歳にして暦正を(さだ)める古語であった。》という部分。

 つまり「観」は暦に関わることなのですね。それも暦正とあります。七十六歳ならハレー彗星です。

 だとすれば、「蓂莢」と同じパターンです。(過去記事「コップ座α星Alkes」参照)

 暦正のシンボルとして扱うのなら、祭祀にふさわしいのは近日点直前のように思えます。

 ただ、その頃彗星の核は太陽に近すぎて、もしかすると尾しか見られなくなっているかもしれませんね。だから「尾がかかる山」なのかもしれないと今気づきました。(参考:一七四四年のクリンケンベルグ彗星。まさに尾がかかっています。)
   
   ||***||***||***||***||

 最後に、「観」とはいったい何なのでしょう。

 あまりにも手がかりがないので、とりあえず字義にあたってみました。

  • 旁は「見る」。観察・観望・諦観などの言葉に繋がる。
  • 偏は「毛角のある鳥のかたち」。よって観の字には、「毛角のある鳥で鳥占いを行って神意を察する」という意味がある。
  • 「観」は農耕儀礼に関する字でもある。
  • ほかに、望楼・たかどの・京観・アーチ状の門、こうのとりの意味もある。
(参考:『字通』白川静/平凡社)

 以上からは、彗星が接する山に観星台か高楼か門かなにかシンボルとなるような建造物を造り、そこで祈りを捧げ占った・・・そんな姿が浮かんできました。

 そういういう一連の流れを含めて「観」なのでしょうか?

 観は「設ける」のではなく「定める」なのですよね。

 うーん、やはりよくわかりません。
 
 ちなみに『日本書紀』の斉明天皇紀に《復於嶺上兩槻樹邊起、號爲兩槻宮、亦曰天宮》と言う記述があり、「観」は「たかどの」と読ませていました。この用例が近い気もします。

 でも山中だと、彗星が山にかかっている光景は見られないかもしれません。
 とすると、山を遙拝するような場所を設けて、祭祀はそこで行ったとも考えられますね。

 (かん)が飛んでいる様子も見なければならないようですし、水辺も必要かも??

 ダメです。お手上げです。
 

 



[previous][next]

0