三原の潟には Papyrusパピルス Japonicaヤポニカ と名をつけるべき背高いあしが生い茂っていた

前記事で、エジプトの葦(パピルス)舟が古代日本にもあり、材料の三稜篠(みはらのしの)をとって、〝みはら〟とも呼ばれていたことを紹介しました。 〝みはら〟に関しては、ほかにこんな記述もあります。 筑後三原は玄界灘と有明海の...

error: Content is protected !!