神社

彗星の話をしている途中だが、コピーした資料を整理していると標題の文が目にとまったので、忘れないうちにメモしようと思う。

『高良玉垂宮神秘書』に「仁徳天皇、今ハ平野大明神トアラハレ玉フナリ」と書かれていたのだ。

それで大野城市にある平野神社のことを思い出した。

奥宮に仁徳天皇が祀られているのが以前から不思議だったのだが、案外そう言うことなのかもしれないと思えた。

平野神社がある牛頸地区が編纂した『牛頸郷土史』は、仁徳天皇が祀られていることに関して二つの説を載せている。

      1、古くからの牛頸の土着の人々の産土神として祀られていた所へ、後に渡来してきた人々によって今来神ほか三柱の神々が勧請合祀された。
      2、中世に日本神話の神々や天皇と結びつけることで神社の格式を誇ろうとする風潮の中で付会された。

『高良玉垂宮神秘書』に沿うなら「1」になろうか。
けれども『高良玉垂宮神秘書』自体矛盾があるので信用出来ないところはある。
(個人的には書かれている内容はそれなりの背景があると思っている。)

また大鷦鷯尊と菟道稚郎子の皇位継承その他の舞台は背振山東部と言われる方もおり、そうだとすれば平野神社の奥宮も材料の一つかもしれないと思った。



境内には天神社があるのだが、祭神が埴山媛だったり、

立派な絵馬堂に興味深い図が奉納されていたり、

アオバズクが渡ってきたり、

何度行っても新しい発見がある神社なのだ。

なお、仁徳天皇が祀られる平野神社は他に福岡市東区香椎・滋賀県大津市など全国にあるようだ。
以前から大野城市の平野神社に興味があったのでつい反応してしまったが、あまりこじつけない方がいいかもしれない。