筑紫を〝つくし〟と読むのは大和の上方の氏族 地元は今に至るまで〝ちくし〟を守っている

「筑紫」の読みに「つくし」と「ちくし」がありますね。 二つの読みについて書かれた文が目にとまったので紹介します。 なお、タイトルでは「大和の上方の氏族」としましたが、原文は「大和の上方の士族」となっています。 「士族」と...