Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
      

明けの明星 夕空の月

あと一か月ほどで冬至。 夜明けがずいぶん遅くなりました。 いつもの時間に起きても真っ暗です。 そのかわり明け方の星を見る楽しみがありますね。 今は金星と乙女座のスピカが並んで東の空に昇っていて、ちょっとした天体ショー。 ...

宝満宮(福岡市)

福岡市博多区井相田にある宝満宮。 御陵宝満から勧請された神社の5社目です。 こんもりと茂った社叢がいい感じの神社でした。 境内に神社の由緒を書いたものが見当たらなかったので、江戸時代に書かれた本から引用します。  寳滿社...

筒井宝満神社(大野城市)

御陵宝満宮から勧請された神社の4社目、筒井宝満神社です。 境内の縁起碑から抜粋します。 祭神 玉依姫命(たまよりひめのみこと) 縁起 玉依姫は延宝三年一月中区御陵の宝満神社から勧請した。 こちらも延宝年間の勧請でした。(...

御笠森神社(大野城市)

山田宝満神社の続きになります。 境内摂社の小さな祠(ほこら)が、地元の方に「元宮様」と呼ばれているところまで書いていました。 この「元宮様」、なんと山田村が御笠の森付近にあった時に祀っていた「三笠森神社」でした。(山田村...

山田宝満神社(大野城市)

御陵宝満神社から勧請された五社の一つ、山田宝満神社。 神社の縁起を書いた説明板。 延宝年間の鎮座と書かれています。 中宝満神社と同じ頃ですね。 境内はすっきりとしてきれいに掃除されていました。 御潮井もちゃんと用意されて...

乙金宝満神社(大野城市)

御陵宝満神社から勧請された五社の一つ、乙金宝満神社。 最近周囲が宅地造成され、すっかり様子が変わっていました。 由来を書いた説明板。 文禄4年の勧請とあります。 中宝満神社は延宝3年でしたから80年ほど早いことになります...

御陵宝満神社(大野城市)

大野城市の御陵宝満神社。 以前訪れたときに比べ、なんだかすっきりさっぱりしていました。 平成26年に社殿が改修されたようです。 木が伐採され境内が整地されていました。 鳥居の神額は寳満神社。 由来を書いた説明板。 ここは...

中宝満神社(大野城市) 

大野城市の中宝満神社。 鳥居の神額は「寳満宮」となっています。(竈門神社ではないのですね。) 向かって右の注連柱に「仰ぎ見る竃山 千仞の嶮(竃山を仰ぎ見れば千仞の嶮?)」と書かれていて、宝満山を敬っている感じが出ていまし...

王城神社縁起

太宰府市王城神社の縁起を読みました。 少なくとも一万字以上ありそうな、結構なボリュームです。 江戸時代に書かれたという新しいものですが、戦国の争乱で記録が焼失したあと一からこれを書くのは大変だっただろうと思いました。 縁...

王城神社(太宰府市)

太宰府市の王城神社。 拝殿の由緒額によると、事代主を祀る社として九州最古だそうです。 神社の歴史や由来については、戦国時代以前のものは兵火で消失したため、江戸時代に上梓された『王城神社縁起』が基本になっているそうです。 ...