Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
      

御自作天満宮御開扉(筑紫野市)

筑紫野市にある御自作天満宮は、菅原道真が自ら刻んだという像がご神体です。 年三回の祭礼日に神殿の戸が開き、直接像を見ることが出来ます。 今年の秋季大祭に参加してきました。 当日は、境内に「携帯使用禁止」、拝殿に「写真撮影...

武雄神社(三養基郡)

千栗八幡宮境内摂社武雄神社。 祭神は武雄心命たけおごころのみこと。 景行天皇に仕え、祭祀・占(卜)を司っていたとあります。 日本書紀のこの部分ですね。 《景行天皇三年(癸酉七三)二月庚寅朔》三年春二月庚寅朔。卜幸于紀伊国...

千栗八幡宮(三養基郡)

昨日の記事「葛城神社(三養基郡)」に ♥(いいね)とメッセージありがとうございました。 面白い神社と言っていただいて嬉しいです。 (ただいまWordPress.comアカウントがない方用に♥ボタンを試験運用中です。Wor...

葛城神社(三養基郡)

一言主を祀る葛城神社。 神社の由緒。 昔この地方に住んでいた葛城部が祀ったものとあります。 その葛城部とは仁徳天皇7年に皇后の御名代部としておかれたもののようだとか。 あら?奈良ではなくここなのでしょうか? いえ、一カ所...

現人神社 秋祭 (那珂川市)

現人神社の秋祭りに行きました。 住吉三神総本宮と書かれた境内の説明板。 そう、ここは全国の住吉神社の元宮。 住吉の神様と言えば相撲です。 住吉の神様らしく勝ち抜き相撲が奉納されていて、とても賑やかでした。 子供達が一生懸...

山家寳満宮(筑紫野市)

山家宝満宮では、本殿を囲むように境内摂社が並んでいました。 大日霊貴命とあります。灯籠もあり、小社ながら立派。 天嫗社。祭神は豊玉姫のようです。(『筑前国続風土記拾遺』より) 厳島神社。 徳満宮。祭神は多分「大巳貴命」だ...

山家岩戸神楽(筑紫野市)

山家(やまえ)宝満宮の神楽を見に行きました。 シートで桟敷席が設けられています。 前方が空いているのは地元の園児と小学生のためです。 小学校神楽クラブの子供たちによる子供神楽。 釣りの撒き餌が大人気だった事代神楽。(キャ...

高良大社神幸祭(久留米市)

50年に一度行われるという高良大社の神幸祭。 今の世に合った短い間隔でということで、平成4年のあと50年を待たず、平成24年に行われました。 そして6年後の平成30年、今日10月14日にまた行われました。 全体の規模は小...

白鳥神社(小郡市)

去年鳥居が建てられて、わかりやすくなりました。 小郡市にある御勢大霊石神社の末社、白鳥神社です。 白鳥神社の祭神というと日本武尊が多いのですが、ここは仲哀天皇です。 白鳥伝説のある日本武尊ではなく、その息子なんですね。 ...

菊地神社の獅子(福岡市)

福岡市城南区にある菊地神社の狛犬はライオンです。 吽形像は雄。 阿形像は雌。 神社の獅子は、エジプトのライオン守護像が起源という説もあるので、ある意味正しい姿なのかも。 神社の由緒。 1333年の博多合戦で敗れた菊池武時...

水神社の肥前狛犬(久留米市)

久留米市水天宮摂社、水神社の狛犬は可愛い。 アップにすると、不思議な造形。 顔に隙間無くある縞模様。 何を表現したものなのでしょう。 縞縞ラインはそのまま顔のはしまで続いてくるりん、毛先がカールしているようにも見えます。...

仙崖さんと七日間

禅画や狂歌で知られる仙崖和尚の命日が10月7日ということで、博多聖福寺ではいろいろな行事が行われています。 題して「仙崖さんと七日間」。 内部は非公開のお寺なので、数少ない拝観のチャンス。 今回は宝物館の特別拝観に行きま...

良積石(久留米市北野町)

良積石(よしづみいし。 中央付近に丸い線刻が見えます。 石には梵字と漢字が刻まれているようですがよくわかりません。 現地の解説です。 882年に筑後国司御酉が暗殺される事件があり、収拾したのが藤原良積で、舞台がここだった...

石ヶ原古墳(糸島市)

ベンチかと思って近づくと箱式石棺でした。 この石棺が、かつてこの場所に巨大古墳があったことを思い起こさせます。 それはこのような古墳でした。 今はもうその古墳はありません。 そのかわり、石室があったところと同じ高さに展望...