Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
      
By 不明 - in the site of http://www.asahi-net.or.jp/~SG2H-YMST/yamatouta/ ;Website「やまとうた」, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=164488

Zuhr⑭ 皇太子はいつの世も天皇に奉るべき暦書の編纂と暦日の観測が業務だった

獅子座の別名に大食星(たいじのほし)・太子星(たいしのほし)があるそうです。 「大食星」は獅子が万物を食い尽くすことから来ているとのこと。 獅子座だからライオンのイメージなのですね。 半円状の星の並びを托鉢の鉢に見立てて...

By TEN - コモンズにあるPDの衛星写真commons:file:Wfm tarim basin.jpgを元に『楼蘭王国史の研究』106ページ掲載の地図、『楼蘭王国』5ページ掲載の地図を参考として自作した歴史地図。, パブリック・ドメイン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=566346

Zuhr⑬ 中臣氏-それは欧亜を往来する民族が漢人に長く同化した系統かもしれない

*これは過去記事から中臣氏に関する記述を独立させ編集しなおしたものです。 シルクロードの中継地だった「楼蘭」が、漢の時代に「鄯善」と改称しています。 鄯善の場所を確認します。 次の図は、紀元前一世紀頃の西域諸国です。 地...

空から見た水城 By Copyright © 国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省, Attribution, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=20691889

Zuhr⑩ 天智帝は磐井がひらいた水城なる瀦水塘を疎水式に船を通す湖にした

水城を中津、あるいは中大江(なかのおおえ)と言った話の続きです。(前記事参照。) 現在水城跡として土塁が残っていますが、通説では博多湾側に水がためられていたことになっています。 けれど『儺の國の星・拾遺』によれば、博多湾...

Zuhr⑨ 水城を中津 あるいは中大江なかのおおえと言った

海が陸に深く侵入していた時代、玄界灘と有明海は繋がっていました。 そのため北部九州は海峡で隔てられ、西の天原島と東の宇佐島で構成されていたとのことです。(前記事参照) 二つの島は現在の久留米市長門石付近で近接していました...

Zuhr⑥ 筑紫の神々は畿内に遷座して故郷発祥の地を凌ぐほどの繁栄隆昌を示している 

最澄が猿田彦命を山王として日枝神社に祀ったと言う伝承の続きです。 前記事でカットした部分を加え、改めて該当箇所を引用します。 紅が来る年、白は去る年である。日本の猿田彦命は古くは赤面白毛の姿であり、これを山王として伝教大...

Zuhr⑤ 猿田彦命を山王として比叡山の日枝神社に祀った

紅白は北欧神話の二神で、紅はフレイヤ白はユールだと言う話を前回紹介しました。 紅白からの連想でしょうか、話題は猿田彦命の話に飛びます。 (猿田彦の姿は赤い顔と白い髭で表現されることがありますね。) 紅が来る年、白は去る年...

Zuhr③ 「なかて」とは竿に紅白の布を螺旋状に巻いて神を先導する器

前記事で、獅子座の一部を中国では「軒轅」と呼び、昔の人は「なかてのほし」と言った事を紹介しました。 また、「なかて」とは「時間空間の無明未妙の状を形容した古語」であり、「“とりつぎ” 或は “ひきあひ” など媒酌人的存在...

Zuhr② 獅子座を軒轅と言い 古人は「なかてのほし」と言った

中轅星(獅子座δ星)の「轅(ながえ)」は、 車輪が付いた乗り物を引くため前方に長く出た棒のことです。 コトバンクより引用 獅子座を構成する星々を黄帝の乗る車に見立てた、中国式星座から来た名付けのようです。  獅子座を軒轅...