織姫様に会いに(久留米市)
  & 
『儺の國の星・拾遺』より七夕に関する記述を少し

織姫様に会いに久留米へ行きました。 手にしているのは筬(おさ)。 胸元から垂らしている布は高麗のノリゲのようにも見えました。 この地に連れてこられた織姫の故郷の衣装なのでしょうか。 けれど襟元は小さめの立て襟で洋風です。...

三原の潟には Papyrusパピルス Japonicaヤポニカ と名をつけるべき背高いあしが生い茂っていた

前記事で、エジプトの葦(パピルス)舟が古代日本にもあり、材料の三稜篠(みはらのしの)をとって、〝みはら〟とも呼ばれていたことを紹介しました。 〝みはら〟に関しては、ほかにこんな記述もあります。 筑後三原は玄界灘と有明海の...

埃及エジプト葦舟あしぶねは日本にもあった
 人が乗るスペースを〝しなのり〟と言った

『儺の國の星・拾遺』には、材料(草舟・刳り舟・板舟など)や、用途(外海・内海・河川用など)による、様々な船の話が登場します。 その中から、かつて存在し今は失われてしまったという〝葦舟〟の話を紹介します。 埃及(エジプト)...

Denebola③ 「鷹雉たかとり星」は漢代の踏歌「赤鳳凰来」を想起させる名

 デネボラの別名「綾歌星」「鷹雉星」「夜楽星」は、音曲に関係する名付けとして一括りで語られています。  個条書きにして整理してみます。   「綾歌星」 三拍子の音曲〝綾歌〟からついた名で、神楽舞の中の三拍子の踏歌がこの系...

Denebola② 鷹雉星たかとりぼしとも云い 夜楽星よかぐらぼしとも言う

Denebola(デネボラ)の別名に「鷹雉星(たかとりぼし)」「夜楽星(よかぐらぼし)(注1)」があります。  鷹雉星(たかとりぼし)とも云い、夜楽星(よかぐらぼし)とも言う。〝たかとり〟とは、あの朱紅の羽の装いの鮮やか...

Alkes⑰(最終) 彗星は天浮橋あめのうきはしの物語

暗黒の宇宙の彼方から白一条の彗星が大地に近づく。祖先はその白い光が地上の生命の源であったと信じてきた。天孫降臨の天浮橋(あめのうきはし)の物語はまさにその描写に外ならなかった。 (『儺の國の星拾遺』 p.50)  彗星や...

Alkes⑮ 祖先は彗星が生命の源であったと信じてきた

 彗星は生命の源と考えられていたそうです。  『儺の國の星』『儺の國の星拾遺』より該当部分を引用します。  暗黒の宇宙の彼方から白一条の彗星が大地に近づく。祖先はその白い光が地上の生命の源であったと信じてきた。天孫降臨の...

日吉神社から見た1910年4月27日のハレー彗星

暦の修正にメトン周期を利用していたことが『史記/封禅書』に書かれている

 前記事で、彗星が暦の策定に重要な役割を果たしていたことを紹介しました。  それは既に堯帝の時代には行われていた(『竹書紀年』)という、古い歴史を持つものでした。  1910年のハレー彗星の近日点を筆者の曾祖父が計算され...

error: Content is protected !!