織姫様に会いに(久留米市)
  & 
『儺の國の星・拾遺』より七夕に関する記述を少し

織姫様に会いに久留米へ行きました。 手にしているのは筬(おさ)。 胸元から垂らしている布は高麗のノリゲのようにも見えました。 この地に連れてこられた織姫の故郷の衣装なのでしょうか。 けれど襟元は小さめの立て襟で洋風です。...

日吉神社から見た1910年4月27日のハレー彗星

暦の修正にメトン周期を利用していたことが『史記/封禅書』に書かれている

 前記事で、彗星が暦の策定に重要な役割を果たしていたことを紹介しました。  それは既に堯帝の時代には行われていた(『竹書紀年』)という、古い歴史を持つものでした。  1910年のハレー彗星の近日点を筆者の曾祖父が計算され...

志賀海神社の参道

志賀海神社の真っ直ぐな参道。 ずうっと視線を伸ばすと山が見えます。 どうやらその先にあるのは脊振山頂のようです。 拡大します。 この画像からはわかりませんが、肉眼では脊振山のドームが見えました。 地図で参道の角度を確かめ...

BC50年9月20日挙母神社から北を見る

挙母神社の北は猿投山

挙母神社からどんな星景色が見えるのか、ぐるっと見回してみました。 すると、北に猿投山がありました。おおー。 垂仁天皇の時代はどうだったのかな。 北斗七星は水平にのるかな?と思ってシミュレート。 ちょっとずれてました。 で...

error: Content is protected !!