現人神社 秋祭 (那珂川市)

現人神社の秋祭りに行きました。 住吉三神総本宮と書かれた境内の説明板。 そう、ここは全国の住吉神社の元宮。 住吉の神様と言えば相撲です。 住吉の神様らしく勝ち抜き相撲が奉納されていて、とても賑やかでした。 子供達が一生懸...

山家寳満宮摂社群と由来書(筑紫野市)

前記事では山家岩戸神楽を中心に書きましたので、今回は境内の様子を見ていきます。 山家宝満宮では、本殿を囲むように境内摂社が並んでいました。 大日霊貴命とあります。灯籠もあり、小社ながら立派。 天嫗社。祭神は豊玉姫のようで...

山家岩戸神楽(筑紫野市)

山家(やまえ)宝満宮の神楽を見に行きました。 シートで桟敷席が設けられています。 前方が空いているのは地元の園児と小学生のためです。 小学校神楽クラブの子供たちによる子供神楽。 釣りの撒き餌が大人気だった事代神楽。(キャ...

高良大社神幸祭(久留米市)

50年に一度行われるという高良大社の神幸祭。 今の世に合った短い間隔でということで、平成4年のあと50年を待たず、平成24年に行われました。 そして6年後の平成30年、今日10月14日にまた行われました。 全体の規模は小...

白鳥神社(小郡市)

去年鳥居が建てられて、わかりやすくなりました。 小郡市にある御勢大霊石神社の末社、白鳥神社です。 白鳥神社の祭神というと日本武尊が多いのですが、ここは仲哀天皇です。 白鳥伝説のある日本武尊ではなく、その息子なんですね。 ...

菊地神社の獅子(福岡市)

福岡市城南区にある菊地神社の狛犬はライオンです。 吽形像は雄。 阿形像は雌。 神社の獅子は、エジプトのライオン守護像が起源という説もあるので、ある意味正しい姿なのかも。 神社の由緒。 1333年の博多合戦で敗れた菊池武時...

水神社の肥前狛犬(久留米市)

久留米市水天宮摂社、水神社の狛犬は可愛い。 アップにすると、不思議な造形。 顔に隙間無くある縞模様。 何を表現したものなのでしょう。 縞縞ラインはそのまま顔のはしまで続いてくるりん、毛先がカールしているようにも見えます。...

もみすり石

もみすり石。 この石は不思議。 この石で籾殻をこすって外したとのこと。 丸い形を残しているところもあるので、元々は盃状穴だったのかもしれない、と思いました。 春日市九郎天神社の横にあります。 お社の横にある樟が立派。 こ...

姫古曽神社 (鳥栖市)

いつもと違う道を通ることになって、少し時間もあったので寄り道。 鳥栖市姫方にある姫古曽神社。 「ひめこそ」というのは彗星のことだと『儺の國の星拾遺』にありました。 また「こそ」は敬称だとも。 太宰府から見てこのあたりに彗...

天降神社 (古賀市)

古賀市にも天降神社があります。 祭神は素盞鳴尊・少彦名命・大己貴命。 少彦名命がいらっしゃるのは宗像・福津方面天降神社の特徴でしょうか。 これが福岡の西に行くと祭神がニニギの命になるのです。福岡市西区の天降神社や糸島の方...

須多田天降天神社(福津市)

須多田天降(すただあまふり天神社に行きました。 ここは「椅子に座る男子型埴輪片」が出土した古墳があるところです。 古墳であることを示す案内標。   ↓ 説明板を拡大しました。   ↓ 祭神は少彦名。   ↓ そういえばこ...

佐保川天満宮 (奈良市西包永町)

ここは、「ああ奈良に来たなぁ」と私が感じる神社の一つです。 とても心惹かれるものがあります。 扉の隙間から由緒書きを撮影しました。 一枚に収まらなかったので二枚分をくっつけています。    ↓ 天神(雷)が菅原道真と結び...

年毛宮

福津市をドライブ。 と、細い道を行く路線バスを見かけたので、なんとなくついていくことにしました。 すると道路脇に神社の案内が何度も出てくるので寄り道することに。 それが年毛宮でした。 祭神は志賀大明神(海神三神)・住吉大...

筑前大島 天の真名井

筑前大島は七夕祭り発祥の地なのだそうです。 境内に天の真名井と呼ばれる湧き水への入り口があります。 きれいな水が流れる川崖から清水が湧いています。盥と柄杓が置いてありました。 (川の水か透明すぎて写らず、山道のように見え...

中津宮鳥居 2018/8/7

筑前大島 宗像大社中津宮七夕祭

一度行ってみたいと思っていた筑前大島に行きました。 七夕祭りの真っ最中でした。 地元の方が参道に竹明かりを設置されていました。 七夕祭りは暗くなってからが本番です。 参道を上から見たところ。 織姫神社には供物棚(祭壇)が...

竈門神社参道の階段

宝満宮竈門神社

平成25年に肇祀1350年記念大祭が行われた竈門神社。 祭神は玉依姫。 とても眺めのいいところにあります。 参拝を終えて、降りていきます。 途中、大きな二本の木の間を通ります。 行く時は迎えてくれているような、帰る時は見...

竈門神社参道の階段

今年は聖母宮1750年

宇美八幡宮に出かけました。 何か境内が慌ただしいなと思ったら、今年は25年に一度の聖母宮式年大祭の年だそうで、社殿で作業されていました。 (訪問日は5月3日。大祭は5月5日でした。) 毎月5日と土日に御神像が御開帳される...

石穴神社

以前から気になっていた太宰府市石穴の石穴神社。 不思議なところでした。 参道を登っていると右手に崖が見えてきます。 上の方に平らな石がせり出していて、下の方には穴が見えます。 以前は水が流れていたのでしょうか? 滝と滝壺...

名島神社の・・・鯤?

名島神社の怪魚

名島神社にある魚の石像。 遠目に見たときは鯰かと思いました。 近づくとヒゲがありません。 昭和60年に奉納された新しい物でした。 *追記 世話人 富永朝堂 作者  國廣秀峯 とあります。 願主の方の意向が地元の彫刻家富永...

御幸稲荷

みゆき稲荷と桜

インスタ映えスポットとして有名なうきは市の浮羽(うきは稲荷です。 地元の人は御幸(みゆき稲荷と呼んでいます。 景行天皇の伝承があります。 すごく眺めが良かった。 手水からも眺めが良くて。   ↓ 参道脇の大きな石も眺めが...