Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宝満宮竈門神社

宝満宮竈門神社境内からの展望
宝満宮竈門神社境内からの展望

平成25年に肇祀1350年記念大祭が行われた竈門神社。
祭神は玉依姫。
とても眺めのいいところにあります。

参拝を終えて、降りていきます。

途中、大きな二本の木の間を通ります。
行く時は迎えてくれているような、帰る時は見送られているような、そんな気持ちになります。

竈門神社参道にある二本の木
竈門神社参道にある二本の木

中世は修験の山になりました。
峰入りが今も行われています。

参道の両側には宿坊跡が。
猿田彦の碑かと思って近づいたら違いました。
(そういえば、地元の神社には必ずと言っていいほどある猿田彦の碑を見かけません。目立たないだけかもしれませんが。)

竈門神社 塔頭?僧坊?跡
竈門神社 塔頭?僧坊?跡

だいぶ降りてきました。
緑のトンネルが清々しくて気持ちいい。

竈門神社参道の階段
竈門神社参道の階段

鳥居まで来ました。
秋は紅葉スポットになります。

竈門神社鳥居
竈門神社鳥居

竈門神社からは脊振がよく見えますが、脊振との関係は単純ではありません。
またここは修験の雰囲気が濃く、個人的には筑紫野市山家宝満宮の方が本来の姿を残しているのではないかなぁと思っています。

公式ページはこちら。

0