今日は福岡も雪景色です。

松の内も過ぎたので、しめ飾りをほどきました。

これは水道の蛇口につける”しゃくし”です。
昔は井戸につけて水神への感謝を表したのだそう。

博多では除夜の鐘を聞くと「若水」を汲みます。この若水で元旦の洗面をしたり、ぞうに、大福茶といろいろ使います。家長か長男の役目ですが、この若水汲みをはじめ博多の元旦行事のすべては、生活の周囲に対して「今年もよろしく」という願いと感謝が込められているようです。
若水を汲む井戸に「しゃくし」と呼ぶしめなわをつけるのは潔斎のほかに、水神さまへの感謝の表現です。いまでも水道の蛇口に「しゃくし」をつけ、除夜の鐘のあと汲んだ水で神棚のサカキの水を替え、洗面に使う家庭が多くなっているようです。(博多のしきたり「若水」 より)

水源と杓子の組み合わせとなると、北斗七星を表現したのではないかと思ったりします。北辰を水源とみる考え方があったそうですから。

地域によっては玄関に飾るようで、「福をすくう」にかけていたり、くぼみに神様が宿るともいうそうです。

地域によって違うのですね。

ステイホームの中で、楽しいことを見つけていきたいと思っています。
今年もよろしくお願いします。

 
error: Content is protected !!