天之御中主を祀る葛城神社妙見宮(築上郡築上町)

築上町にある葛城神社妙見宮に行きました。

広域農道京築アグリラインの、葛城トンネルそばにあります。

トンネルがあるこの山は「葛城山」なのですね。

葛城地名は全国にありますが、築上町にある事は知りませんでした。

神社にちなんだ地名なのかそれとも地名が先にあったのか、なぜ葛城なのかも気になるところです。

さて地名のことは置いておいて、葛城神社に向かいます。

神社へはトンネル西口付近にある進入路から入りました。

アグリラインからも鳥居が見えているのでわかりやすいです。

ですが、ここは神社の正面参道ではありません。

正面参道は左に少し見えている鳥居になります。

神社正面の鳥居に行きました。

おや?参道が池の中に続いています。

川や海の側では船で参拝するようになっているところもありますが、こんな山の中では珍しいことです。

調べてみると、昔は池に橋が架かってそれが参道になっていたとのこと。

とすれば、結構長い橋がかかっていたことになりますね。

装置としての池と橋がセットになっていたとしたら、何かこの神社と水には深い関わりがあるのかもしれません。

鳥居から社殿を見たところ。
社殿は少し高い位置に有ります。

妙見宮と小さく付記されている「葛城神社」の社号石碑。

拝殿を横から。

祭神が書かれた案内書。(こちらでは社号を葛城神社妙見宮としています。妙見宮葛城神社ではなく。)

末社に田原神社、馬見神社とあります。これは福岡県神社誌には載っていない神様です。(田原と言えば三重県、馬見と言えば嘉穂の馬見神社を想起しますが、一体どういうことなのでしょうね。)

神社の由来を書いた案内板。

神社の発祥は葛城山に星が降ったことだそうです。
(余談ながら、三つの星というのは流星が空中で三つに割れ隕石となって降ったのではないでしょうか。私も空中で流星が割れるのを見たことがあります。)

元々葛城山頂にあったものを、後世この地に遷したとのこと。

なにげに妙見三神と書かれていますが、造化三神が妙見三神だというのは初耳でした。
妙見は天の北極(北辰)なので、星であれば一つのはずです。

歳差運動のため北辰にある星は変わりますし、星がない時代には北斗七星が充てられることはあります。
にしても、三ではないはず。(歳差運動による北極星の位置変化についてはこちらの記事でも少し説明しています。)

まさか、現北極星のポラリスが三重連星であると知っていたとか??
いやいやまさか。ね。

造化三神が妙見三神と言うのは知識不足でよくわかりませんでした。

神紋は九曜。

豊前に入封した細川氏の庇護が由来かと思ったら、星のお告げで縁起したので星をあらわす九曜紋なのだそう。

境内には御神木の椎。

233号線から行くことも出来ます。
こちらにも立派な鳥居が立っています。

[最終更新日]2020/05/04