美奈宜神社の盃状穴(朝倉市荷原)

朝倉方面に出かけました。

もう日暮れ時でしたがちょっとだけ寄り道。

朝倉市荷原にある美奈宜神社です。

黒田藩家老だった黒田一成お手植えと伝わる銀杏があります。

日没間近だったので光の具合があまり良くありませんが、きれいに色づいていました。

もみじの紅葉もきれいでした。

近くの清岩禅寺も紅葉の名所で、三奈木は穴場だと思っています。

参道を進んでいると、足元の石段に盃状穴がありました。

あちこちにポコポコ穴が空いています。

ここには何度も来ているのに、今まで全然気づいていませんでした。

狛犬や燈籠には見当たらなかったので、どうやら参道の石段にあいているパターンのようです。

暗くなってきたので急ぎ足で参拝。

ささっと気になる摂社だけ撮りました。

立派な鳥居がある宮地嶽神社。

池の所にある祠群。田神様だそうです。

この辺りの地区ごとの田神様がいらっしゃるのだとか。

元々ここにあったのか、各地に祭られていたのが集められたのかわかりませんが、一帯に田神信仰があることがうかがえます。

そういえば、佐田大神=田神様説をおっしゃる方がいらしたのを思い出しました。
安心院→朝倉市佐田→比叡と移動したのだとか。
(とすると、佐田大神→大山咋となり、なんだか話がおかしくなりますが。)

確かに美奈宜神社のそばには佐田川が流れていて、「佐田」に縁があると言えばいえますね。
佐田大神は置いておいても、古い土地柄であることは間違いなさそうです。

[最終更新日]2019/12/03