住吉神社中津宮(福岡市)

福岡市南区にある曰佐おさ住吉神社。
用事があって通りかかったので、久しぶりに立ち寄ってみました。
かつて香椎古宮で仲哀天皇を祀っていた社殿です。

「曰佐住吉神社御由来考」によれば、宣化天皇時代の536年前後に住吉三社が置かれた際、中津宮として祭られたものとのこと。

「曰佐住吉神社御由来考」によれば筑紫国、那の津口に官家みやけ(博多区比恵)が造営されてより、此の地方は中国大陸や、朝鮮半島との外船の往来するところとなり、曰佐はその応接の要地であったため、その航海の安全や鎮守の神として筑前那珂郡に住吉三社が居かれ、(上社は那珂川町の現人神社・下社は博多区の住吉神社)当社は、その中津瀬の神として祭られたもので、その起源は宣化天皇の御宇(五三六年)の前後であると記されている。

現地説明板「曰佐住吉神社の由来」より抜粋

536年というのは『日本書紀』の「那津に各地から集めた食料を保管する官家を造らせた」という記事を受けての年号ですね。

四王寺に降臨したという住吉神(『高良玉垂宮神秘書』)は単独神の印象ですが、536年前後には海の守り神と「三」という数が既に対応していた感じを受けます。

宗像の三女神、綿津見三神、そして住吉三神。
神功皇后時代から宣化天皇そして持統天皇の時代にかけて、海上の守護神を「三」神とする流れに興味があるので、この神社の由緒考には惹かれるものがあります。

また、ここは古代から人が住んでいたようで、付近からは先土器時代の遺物や縄文土器、中世の貿易品などが出土しています。
現在は新幹線と都市高速が交差していて、やはり交通の要所と言えるのかもしれません。

境内の様子です。

鳥居の直前に小川があり、太鼓橋を渡って参拝するようになっています。
社殿を背にすると参道がまっすぐ二級河川〝那珂川〟に延びています。

正面から見た社殿。

再建100年の看板がありました。

大正4年に香椎宮古宮から払い下げられたとのことです。
ということは、かつてここに仲哀天皇が祀られていたということ。

香椎古宮の仲哀天皇は香椎宮に合祀されていますが、もともとここでも香椎大神(『筑前國續風土記拾遺』)を祀っていました。

社殿内の社額にはこう書かれています。


(若大明神って誰だろう?)

絵馬道から見た社殿。

樟。

都市高速が出来てさらに周囲の様子が変わりましたが、この樟が時間を巻き戻してくれます。

さりげなくある境内の板碑は、大変貴重な物だそうです。

[最終更新日]2019/11/29