Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

侍展 ~もののふの美の系譜~

福岡市博物館に名刀が集結しています。

地元福岡にゆかりのある三池派の刀「大典太光世」が来ているというので行ってきました。
樋が実用的でもあり美しくもあり、鎺の鳥と梅が可愛くもあり、マイベストワン「青江康次」に並んだかも。
天下五剣に数えられるだけある刀でした。

ちなみに鳥は鳩でおそらく八幡様ゆかり、梅は天神様ゆかりだと思います。
八幡神と言えば武家の守り神ですし、前田家は菅原姓を名乗り家紋に梅鉢紋を用いていましたから。

また前田家は天神御忌にあわせて50年毎に北野天満宮に太刀を奉納していたそうです。
石川県立歴史博物館では現在「加賀前田家と北野天満宮」展をやっていて、歴代藩主が奉納した太刀を公開しているとか。
うーん、行きたい。

他に、徳川美術館で見そびれた「物吉貞宗」見られたのが嬉しかった。
きれいでした。

「日光一文字」の並びには上杉博物館から「姫鶴一文字」など一文字派の刀が展示され、このコーナー好きでした。
一文字派好きかも。
「日光一文字」は刃紋が好きなのです。

刃紋がきれいなら刀に限らず好きで、堺の風紋包丁とかも好きです。
(刀鍛冶の修行をしたという人に打ってもらった菜切包丁持ってたりします。)

モアレ模様というか干渉縞のような刃紋のある鋏を見かけたときは震えました。
どうやって作ってるのだろうと。

と、語り出すとキリが無いのでこのへんで。

とにかく市博の展示はボリュームがすごくて一度に把握しきれない感じでした。
刀が好きな人は行っていいと思います。

話は変わりますが、最近は女性ファンが増えて喜ばしい限りですね。

こういう展示に女性が居ても全然目立たなくなりました。

好きなことを見つけるのに、入り口は何でもいいのです。
と思っています。

1