Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Alkes⑨ 翼は宇宙の彼方から飛来する彗星の門であった

 二十八宿の「翼」には「万民の事始め」というイメージが付随していました。

 それは彗星が関係しているところから来ていました。

 彗星と関係していることがなぜ「事始め」になるのでしょうか。

 中国の歴史書『竹書紀年』から引用されている文がヒントになります。その部分を抜粋します。

 翼は宇宙の彼方から飛来する彗星の門であった。
 竹書紀年 周成王十八(前一〇九八)年に、
  鳳凰見る。事の河に有るを()る。
  武王没して成王(わか)し。周公旦政を()ること
  七年。禮を(ととの)へ樂を作る。神鳥鳳凰(あらは)る。
  蓂莢(べいらい)()ふ。(すなは)ち成王と(とも)に河洛に璧の沈め
  るを観る、禮畢(をは)りて王退く。
 同帝堯陶唐氏七十(前二二七九)年に
  景星翼に出づ。草莢階(さうらいとも)()()ゆ。月の朔
  に始めて一莢を生ず。月の半に十五莢を生
  ず。十六日以後、日に一莢を落とす。乃ち
  晦に()()く。月の小なれば、(すなは)ち一(らい)
   もみぢして而して落す。名を蓂莢(めいらい)と曰ふ。一
  に暦莢(れきらい)とも曰ふ。
彗星が近日点を通過する前夜の描写である。

(『儺の國の星拾遺』p. 50・p. 51)

 上の文のポイントは、二つ。

  • 一つは、周の成王十八年に鳳凰が現れて「蓂莢」という植物が生えたこと。
  • もう一つは、帝堯七十年に景星が翼に現れて蓂莢が生えたこと。

 ここでは景星も鳳凰も彗星を意味します。

 そして彗星の登場と「蓂莢」という植物が生えることが同時に起こります。この二つはセットになっているようです。これはどういうことでしょうか。

 「蓂莢」と言う植物は、月の朔から満月までは一日に一莢が生じ、満月を過ぎると毎日一莢ずつ落ち、晦日(三十日)にすべてなくなるのだそうです。要するに月の満ち欠けにあわせた日めくりカレンダーですね。
 日数が少ない月の場合は一莢残り、(もみぢ)して(紅葉して?)から落ちるとのこと。なんて便利。(月の満ち欠けのサイクルは約二十九.五三日なので、三十日にしたり二十九日にしたりして調整していたことを意味している、と思いました。)

 しかも「蓂莢」が生えるのは《 彗星が近日点を通過する前夜》とあります。ランダムに生えたりしないのです。必ず彗星の向きが変わるときに生えるのです。(近日点通過前後のイメージが浮かばない方はページ末の動画をご覧ください。)

 これは現実の植物ではありませんね。
 彗星のターニングポイント(近日点通過)を利用した、暦に関する政治的パフォーマンスだったのではないか、と思いました。堯帝は暦を作ったとされている人でもありますし。

 私たちは閏日や閏年が存在する理由を知っていますが、その仕組みがわからない場合、急に日付が変わったらどう感じるでしょう。腑に落ちないのではないでしょうか。

 そこで“瑞祥にちなんで改暦する”と言う仕掛けが必要になるのだと思いました。華々しく彗星が見え「蓂莢」が生じたとアナウンスされたら?その時暦が変わるのはそれなりに納得できそうです。
 
 始めこそ「蓂莢」と言う架空の植物が必要だったかもしれませんが、「彗星=新しい暦」というイメージが定着する頃には必要なくなったかもしれませんね。
 
 彗星が二十八宿「翼」に現れる事が多いので「翼」もまた始まりのイメージになった、ということなのだと思います。

    ||***||***||***||***||

 引用文中に帝堯陶唐氏七十(前二二七九)年に彗星が現れたとあります。
 シミュレーションソフトでこの年現れた彗星を探してみました。
 エンケ彗星ビエラ彗星ダレスト彗星天ベル彗星などが回帰していたようです。有名なハレー彗星は来ていません。あくまでも計算上のことですけれど。 
 
 私自身は、やはりこの彗星はハレー彗星のことではないかと考えています。別のところでメトン周期の話が出、ハレー彗星との関連が考えられるからです。 
 
 「翼は宇宙の彼方から飛来する彗星の門」について、次の記事でもう少し補足します。

  

彗星の近日点通過前後の話が出てきますので、国立天文台作成のパンスターズ彗星の動画をシェアします。よければご覧ください。イメージがつかみやすいと思います。

0