小水城は今のところ推定地を含めて6ヶ所

小水城として知られている土塁は、上大利・大土居・天神山の他にもあるのだそうです。

次の図の、赤い実線が発見されている部分で、点線が推定されている部分とのこと。


(残念ですが、画像へのアクセスが集中したため盗用防止として解像度を下げました。引用元を明記しての転載はOKです。オリジナルをご覧になりたい方は、nakagawaもしくは春日市文化財課等にお問い合わせください。)

面白いですね。

現在の春日神社付近にも小水城があったのです。
これは明治33年の地形図にケバ描きされている土塁線があることから推定できるのだそう。
私、ここに水城を築かなかったから天智天皇は四王寺山から武甕槌命を遷したのだろう、と過去記事で書きましたが違いました。
(又書き直さなくては。)

話は変わりますが、『儺の國の星』によれば水城は三毛作のための瀦水畓だったとのことです。

小水城もそうだったとすれば、大土居小水城はまさにその条件にぴったりだと思いました。

上流に江戸時代に作られた溜池(白水大池)がありますが、いろんな時期の幹線水路がこの水城の木樋の上を通っているというのです。

発掘調査では、水路のための杭が木樋に突き刺さっていた箇所もあるとのこと。

また、そばを流れる諸岡川は流域に弥生時代の遺跡がいくつか存在する川で、有名な板付遺跡もその一つ。
小さいながら母なる川なんですね。
いえ、このくらいのサイズの川が丁度良かったのかもしれません。
大河だと氾濫して一夜のうちに集落が水没する危険がありますから。

話を戻します。

都市開発で失われてしまったけれど、今も残っている丘陵地には前畑遺跡のような土塁があるかもしれないと言うことでした。

水城を有する各市が連携しながら整備を進めているそうです。
楽しみです。

 

コメントする

error: Content is protected !!