Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

筑紫を〝つくし〟と読むのは大和の上方の氏族 地元は今に至るまで〝ちくし〟を守っている

「筑紫」の読みに「つくし」と「ちくし」がありますね。
二つの読みについて書かれた文が目にとまったので紹介します。

なお、タイトルでは「大和の上方の族」としましたが、原文は「大和の上方の族」となっています。
「士族」という言葉が登場するのは中世からと考え、nakagawaが「氏族」に置き換えました。

ただ万葉仮名の「都久之」等の表記を念頭に、編者とされる大伴氏を想定した表現であれば原文通り「士族」が正しい表記かもしれません。大伴氏は武人の家系ですので「士族」と言えるでしょうから。

 筑紫を〝つくし〟と読むのは大和の上方の氏族*原文は「士族」であった。地元は今に至るまで筑紫を守っている。察するに本来は〝つくし〟であったらしいが、太宰府なる万人往来の国際都市が、神功皇后二十三 (二二三)年以来連綿として隋(五八一~六一七)まで存続していた環境がしからしめた所であった。いかに大陸の文化による客観的伝統が〝ちくし〟を固定させたかになるが、最も重要なことは、水城に朱船の発着ごとに外人の干支と、倭人の干支を対応させる史官の職務が基本であったかを知らなければならない。

(『儺の國の星拾遺』p.57~p.58)

筑紫を「つくし」と言うのは大和の上方の氏族とのこと。

地元では筑紫を「ちくし」と言います。
筑紫野市は「ちくしの」市、筑紫駅は「ちくし」駅、小中高大学校に筑紫が入っていれば「ちくし〜」学校です。
これは「太宰府なる万人往来の国際都市が、(中略)〝ちくし〟を固定させた」からだそうです。
「大陸の文化による客観的伝統」なのだとか。

大陸の人達が太宰府のことを「ちくし」と呼んでいたので地元でもそう呼ぶようになったのですね。

では「つくし(ちくし)」とはなにかというと、「竹斯」のことだそうです。
「竹斯」とは「汗青」、わかりやすくいうと竹簡のことだそう。

 〝つくし〟とは竹斯であって、倭人は筑紫と書きこれを〝ちくし〟と読むが、元来は鑑正、略して汗青、即ちすなわち若竹を火に通して搾り出た油を灰で拭き磨き揚げて多量に用を足すか、または永久保存に古竹を薄片にはいでこれに干支を漆書うるしがきした冊子さっしであった。

(『儺の國の星拾遺』p.59)

冊子なんですね。
中国や韓国の歴史ドラマでよく見ます。
細い竹を割らずに綴じたものや、割って平らな板状にしたものを綴じたりしていました。
おそらくこういうものだったと思われます。

By vlasta2, bluefootedbooby on flickr.comhttps://www.flickr.com/photos/bluefootedbooby/370460130/, CC BY 2.0, Link

国際都市でやりとりされる書簡が「ちくし」で、「ちくし」と言えば太宰府とセットになっていたのかもしれません。

「ちくし」読みにはこういう理由があったのだとしたら面白いです。
知りませんでした。ただの方言かと思っていました。
(本題とは関係ありませんが、なにげに太宰府の成立が神功皇后の時と書かれていてびっくり。これについてはまたいつか。)

話は変わりますが、竹斯の「竹」は呉音・漢音で「チク」です。

そのまま呉音読み、或いは漢音読みで「ちくし」とするのが「倭人」だったのですね。
裏を返せば、倭人でない人達は「ちくし」と読まない、ということになります。

つまりここにある認識は、古代において筑紫地方の人達は倭人で、大和地方の氏族は倭人ではない、ということ。(合ってるのかしら。)
そして、『隋書』に登場する北部九州を表す地名「竹斯」を思えば、当時の勢力図も見えるような気がします。
面白いです。

そうすると「つくし」発音の由来とされる諸説は、大和地方から見た歴史ということでしょうか。
江戸時代の説は、もう歴史がわからなくなっていたと言うことでしょうね。
(諸説というのは、国の形が「木兎つく」に似ている説、筑紫神社の縁起にある人命尽神の「つく」由来説、道路が石畳で舗装されていた「築石つくいし」由来説、果ての国の「つくし」説などです。)

ふと、「倭人」以外に列島にいた人達をなんと呼ぶのだろうと思いました。
一つ思いついたのは「日本人」です。

そう思ったのは、『旧唐書』に「倭国」と「日本国」の二つが併記されているからです。

倭國者,古倭奴國也。去京師一萬四千里,在新羅東南大海中。依山島而居,東西五月行,南北三月行,世與中國通。其國,居無城郭,以木爲柵,以草爲屋。四面小島五十余國,皆附屬焉。其王姓阿每氏,置一大率,檢察諸國,皆畏附之。設官有十二等。其訴訟者,匍匐而前。地多女少男。
(中略)
日本國者,倭國之別種也。以其國在日邊,故以日本爲名。或曰:倭國自惡其名不雅,改爲日本。或云:日本舊小國,併倭國之地。其人入朝者,多自矜大,不以實對,故中國疑焉。又云:其國界東西南北各數千里,西界、南界咸至大海,東界、北界有大山爲限,山外即毛人之國。

*太字はnakagawa

「倭国はいにしえの倭奴國(「倭國者古倭奴國也」)」だと書かれていますね。
もし、「古倭奴國也」の「(倭)奴國」が、金印「漢委奴国王」の「(委)奴国」と同じなら、倭国は筑紫周辺にあったと考えられます。
筑紫を「ちくし」と読むのも同じ地域の人達です。
筆者のいう通り、倭人は「ちくし」読みだったことと合致します。
そして「ちくし」読みが近畿その他の地方に移動していないところを見ると、倭人はずっとこの地にいたことになりますね。(なりませんか?)

では「日本国」とは何でしょう?
これについては諸説あるようですね。

共通しているのは「日本國者,倭國之別種也」でしょうか。
「別種」というのは傍系か支流といった意味と思われます。

「倭」を「日本」という名称に変えたのは「以其國在日邊」「倭國自惡其名不雅」だからと書かれています。

はじめの「在日邊」は、太陽の辺にあるということ。
日本列島の東側か、どこからか見て東の方向にあるととれます。
「東界、北界有大山爲限,山外即毛人之國」の「大山」がどこなのかわかれば特定できそうですが、こちらも諸説あるようです。

そして「自惡其名」は、ちょっとアヤシイ理由づけに見えます。
一般には「不雅みやびならず」が強調されて受け取られていますが、これは「日本国」側の理屈のような気がしました。
けれど倭国とルーツは同じとも言いたい。
なかなか複雑なようです。

ともかく倭国と日本国が並立していたことは間違い無く、統一(?)日本国時代になったのは、隋から唐にかけてと時期を同じくするようです。
『儺の國の星拾遺』でも、国際都市太宰府がまで存続していた環境が「ちくし」を固定させたとありますから。

ただそうすると、『三国史記』百済本紀の「倭国と通好す」の相手舒明天皇は倭国にいたことになりますが、舒明天皇が?九州に?
首都機能は近畿で、外交機能は旧倭国の中心部にあったという事でしょうか。
それとも外交の中心は近畿に移っていたけれど、しばらく倭国の名称を使っていたのでしょうか。

個人的な印象では「日本」は一本線では語れない感じがします。
雲仙岳の古名を日本山というのも気になっていますし。

こんな事を考えていると、なんだか「倭」「大和」「日本」と書いていずれも「ヤマト」と読ませるのは、日本が古くから一つだったと思わせるためのレトリックに思えてきました。
何かあるのでしょうけれど、これ以上はわかりません。

はっ、すっかり話が逸れました。
「ちくし」からこんな話になるとは。

ともあれ、地元民としては「筑紫」は「ちくし」で決まりです。
古文では「つくし」と読むのに、地元はどうして「ちくし」だろうと思っていましたが、この説明で納得でした。
あくまでも個人の感想ですけれど。

1