Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

品田悦一氏による「梅花の宴」解説

これこれこれが言いたかった!
と言う解説がありました。

新元号「令和」に込められた本当の意味をガチ解説した東大教授の文章がすごい

やはり意味を知っていればそう思うよね。
とスッキリ。

4/24追記
詳細な解説が出ています。

東大教授が解説!「令和」から浮かび上がる大伴旅人のメッセージ

候補の中では私も令和がいいと思いました。
ただ、春を愛でるのどかな光景としているのがちょっといただけなかったのです。
梅花の宴の背景に、当時の大友旅人の境遇と気概(ココ大事)、長屋王の件が有ることは知っておきたいかなと。

それから、ノートルダム寺院の火災は痛ましかったですね。
フランスのUBIソフトがノートルダム寺院の美しさを知ってほしいと、彼の地が舞台のゲームを一週間無料で提供するそうです。

ゲームをプレイして進めないと見られないので、時間が無い人や苦手な人には意味ないのですけれど。

こういう形のサポートもあるのだと思いました。

1