Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

獅子座の別名 笠置星かさきぼし葛城星かつらぎぼし

『儺の國の星拾遺』から獅子座に関する話をメモしている途中ですが、『儺の國の星』にも獅子座の話があるので紹介します。

春の彼岸に入りますと、日一日と日暮れが長くなります。春の宵闇の東の空にまず輝きはじめるのが獅子座Leoレオの星群であります。

(『儺の國の星』p.198)

獅子座は春を象徴する星座として書かれています。

大宰府政庁跡からのシミュレーションでは、丁度宝満山あたりから昇ってきます。


(650年のシミュレーション、2019年もほぼ同じ。)

こうしてみると、大根地山や宝満山は日出・月出・星出のポイントになりますね。

獅子座の別名を笠置星かさきぼしというそうです。

獅子座Leoレオを倭人は笠簑星かさぎのほし又は笠置星かさきぼしとよんでいた。〝かさみのほし〟、〝かさをきほし〟がその原形であったらしい。いかにも獅子座特有の、半円弧と一直線の結び合はせを形容している名である。
那珂川では獅子座が夕暮の東天に見えだす頃から、冷たい雪や霰が靄や霧にかわる。そしていつしかみぞれが雨になる日がくる。萱葺かやぶきの百姓屋の戸口かどのくちに、濡れた簑笠が掛けられる風景をみると春遠からじと幼な心にほのかなよろこびを感ずることが多かった。

(『儺の國の星』p.196)

寒さが緩んで雪が雨に変わると、農作業を終えて夕方帰宅した人達の笠が戸口に掛けられるようになるのが由来だそうです。
獅子座の星の並びが似ていることと季節がピッタリ合っていたのですね。

雨具としての笠が戸に掛けられている光景が春の風物だったとは、農作業の苦労が思われます。

さて、頭を悩ませているのが次の箇所。

大和の笠置かさぎの山々の名は、筑紫の葛城かつらぎから神功皇后(二〇一~二六九)の御宇に遷したものと伝えられる。
葛城の峰は香椎宮から太宰府の東の空に連なる。昔は日面見山かづらみやまとよんでいたと聞く。西の伊覩いと(怡土)の百姓は、この葛城の山や谷から上がる太陽の方向を見定めて、太陰暦、即ち月暦に太陽暦、即ち日暦の二十四節季、時と所によっては、二十節季をふり添えていた。怡土がかつて日向ひむかいの国とよばれていた所以がここにあった。

(『儺の國の星』p.196)

獅子座の別名「笠置星」からの連想で「笠置」山の話になったようですが、大和の笠置山は筑紫の葛城山が地名移動したという話はちょっと理解に苦しみます。
筑紫の笠置山が移動したと言うのならわかるのですが、笠置と葛城は字も発音も違います。
どうしてこれが地名の移動だというのでしょう。
うーん。

笠置も葛城も獅子座を意味する言葉なので、重要なのは意味であって表記は関係ないのでしょうか。

ちなみに筑紫の笠置山は飯塚市と宮若市の間にあり、筑紫の葛城山とは三郡山地のことだそうです。
三郡山地を葛城というのは、今も「宝満山葛城峯」として修験道の峯入りルートに名前が残っていますね。

宝満修験の入峰コース宝満山弘有の会より引用
宝満修験の入峰コース
宝満山弘有の会より引用

どうもこの部分は変です。

筑紫葛城に対応するのは大和「笠置」ではなく「葛城」ではないかと思い、大和葛城山の周囲を地図で見てみました。
すると「有智・五條・千早」と言った地名がありました。
「有智・五條」は太宰府市に、「千早」は福岡市に同地名があります。
うーん、筑紫の葛城が大和の葛城に遷ったとする方が筋が通るような気がします。

ただ、これだけでは不十分なのは言うまでもありません。
やはりこの箇所は文脈に飛躍・混乱があるように感じました。

聞き書きなので、「遷したものと伝えられる」の部分と「葛城の峰は」の間に大きながあるかもしれません。
ポツリポツリと話されていたのだとしたら、実際は一続きの話ではなかったかもしれないと思いました。
文章になったとき連続したものとして提示されますが、一息に話されたものではないのかも?
憶測に過ぎませんけれど。

いずれにせよ、文脈から獅子座のことを笠置星・葛城星というのは間違いなさそうです。

それで一つ思い当たるのが、宝満山の修験道のことを「獅子流」と言う事。
どうして「獅子流」だろうと思っていたのですが、もしかすると「葛城星=獅子座」から来ているのかもしれません。
なんて。(冗談です。)
そう思うとちょっと楽しいです。

毎年5月の第三日曜日が峯入り・採燈大護摩供。
今年は行けるかなぁ。

以上、地名にもなっている獅子座の別名の話でした。

追記

さらりと「怡土が日向の国と呼ばれていた」と書かれていますね。
おそらく三雲遺跡あたりから葛城山を見ていたのではないかと思います。
これについては別の機会に。

1