Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

温泉うんぜん嶽 太古日本山と称す 日之神の旧都たるを以て也

過去記事で、邪馬臺国の奴佳鞮なかてが諫早北部を領有していた伝承があったことを書きました。

諫早を押さえておけば、大村湾・橘湾・有明海の三方向の海に出ることができ、大村湾は船団を待機させるのにまたとない地形です。
多良岳には鉄もあったはず。
ここを押さえておくことは、戦略上重要だったことでしょう。

当時のまつりごとは祭祀を伴っていましたから、諫早の祭祀はどうだったのだろうと神社を検索してみました。

気になったのは、諫早神社と御舘山稲荷神社。

諫早神社の祭神は「天照大御神・大己貴命・少彦名命」。
御舘山稲荷神社の祭神は「宇迦之御魂神・大宮売神・猿田彦神」。
(「大己貴命・少彦名命」「大宮売神・猿田彦神」という祭神の取り合わせに、「あれ?」と思うのは私だけでしょうか。)

そして諫早神社も御舘山稲荷神社も、元々は“四面の神”を祭祀していたようです。

(御舘山稲荷神社の)山上の北部には巨大な岩が林立していることから、昔は神の宿る神聖な場所、即ち磐座(いわくら)といい、奈良時代には巨岩の一つを「四面上宮」として、四面の神を祀ったものともいわれている。四面の神というのは、雲仙温泉神社の祭神といわれ、諫早神社も昔は四面宮と呼び四面の神が祀られていた

(『長崎県の神社を訪ねて 本土編』p.94/林田秀晴/出島文庫)

四面の神の総本宮は、雲仙温泉神社なのですね。
現在は小浜市にあるそうです。

どうやら雲仙岳を霊山として信仰し、ふもとの村々に温泉うんぜん神社(四面宮)を勧請した模様。

この雲仙岳ですが、普賢神社の由緒記にこう書かれているそうです。
(ただしこの由緒記は新しいもので、いつ書かれたのかわからないとのこと。)

温泉嶽、一名高来峰。太古日本山と称す。日之神の旧都たるを以て也。山嶺五峰あり。九州国魂五神の神体なり。
豊日岳  豊前豊後の国魂にして今普賢山と称し豊日別命を奉斎す。
速日岳  肥前肥後の国魂にして今普賢山と称し速日別命を奉斎す。
健日岳  大隅薩摩の国魂にして今普賢山と称し健日別命を奉斎す。
白日岳  筑前筑後の国魂にして今普賢山と称し白日別命を奉斎す。
奇日岳・豊久士比泥岳 日向の国魂にして今中岳と称し豊久士比泥命を奉斎す。 

(『長崎県の神社を訪ねて 本土編』p.297/林田秀晴/出島文庫)

びっくりです。日本山!ですって。
しかも「日之神の旧都」だから日本山というのだそうです。

「日之神」とはどなたなのでしょう。
「旧都」ということは「新都」があるはずで、ここから別の場所に遷ったことになりますが、一体どこへ遷ったのでしょうか。
もう頭がグルグルしてきました。

筑紫の国魂を雲仙で祀っていた事も知りませんでした。
雲仙が筑紫の中心だった時期があったと言うことなのでしょうか。
(『儺の國の星・拾遺』には、高木神=タカミムスビの土地と伝わっています。)

地元の方には当たり前のことなのかもしれませんが、初めて聞く話で本当に驚きましたので、自分用のメモとして書いておくことにしました。

1