Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Zuhr⑧ 長門石は宇佐島と天原島を結ぶところ

諫早地峡のような地形も「なかて」だというのが前回の話でした。
「なかて」の使用範囲は広いのですね。

その続きになります。

同じ國名は大陸から大和に通じる最初の土地が長門であった。記紀仲哀紀にこれがみえる。郷名では千歳川の中洲に長門石(ながといし)が存在する。神代の昔から宇佐島(*注)天原島を結ぶところであった。

(『儺の國の星拾遺』p.130)

注:
原文は「宇佐島天原島」。「宇佐島天原島」の間違いだと思われたのでnakagawaが訂正。

地名の「長門」は「なかて」から発生したというのですね。

令制国山陽道長門国の位置は次の図の赤い部分になります。
地図 令制国 長門国.svg
GFDL-no-disclaimers, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=2205733

大陸から大和に通じる最初の土地とのこと。
瀬戸内側を通って大和へ行くなら陸路にせよ海路にせよ確かにここを通るでしょう。
ここもやはり、“とりつぎ”的な位置「なかて」といえると思います。

記紀仲哀紀にみえると書かれていますが、仲哀天皇の頃は穴門と称していました。
穴門豊浦宮が置かれていました。現在の下関市になります。

もう一つ、「なかて」の意味合いがある地名として「長門石」があげられています。

「千歳川」というのは現在の筑後川のことです。
「長門石」地名は久留米市にあります。

福岡県久留米市長門石の位置
カシミール3Dで作成+国土地理院地図

拡大します。

オレンジの線で囲んだ部分が久留米市長門石地区
カシミール3Dスーパー地形セット+国土地理院地図

現在の長門石地区は中洲ではありません。
けれども平野部が狭くなった所に位置し、筑後川が蛇行している旧河道沿いにあることが見て取れます。

縄文海進時代から弥生時代にかけて、砂州が形成された時代があったかと思います。
また、有明海側ですから干満の差が大きい場所です。
干潮時に干潟が出現して渡れたかもしれませんね。

つまり、この場所も「なかて」というわけです。

長門石に関してこんな文章もありました。

千歳川を中にして、南の筑後に田主丸たぬしまる、北の肥前に鳥栖とすがあり、その中間に北野の長門石があります。昔、有明海が水城を通って玄界灘まで潮を差していた頃、これらは船の始点と終点であり、中継ぎの寄せ場でありました。
(『儺の國の星拾遺』p.140)

さて、「宇佐島」「天原島」という名前が出てきました。

これは海が深く侵入していた時代に、玄界灘と有明海が繋がっていたことから来ている名前です。

この本の別のページに次のような記述があります。

昔、筑紫の國はその中央を、北から玄界灘、南から有明海の荒穂(あらほ)、即ち滔滔たる海流が貫いて居た。
東なるを宇佐島(うさのしま)と云ひ、西なるを天原(あまのはら)と言った。
(中略)
宇佐島を昔は右佐島うさのしまと呼んだ。そして天原あまのはら左佐島ささのしまとした。今、豊後宇佐にそのままの郡名と肥前松浦左左さざに郷名が残る。

(『儺の國の星拾遺』p.82)

イメージとしてはこんな感じでしょうか。


産業技術総合研究所地質情報総合センター海面上昇シミュレーションシステムで作成した図にnakagawaが書き込み

ものすごくおおざっぱなものですので、上の図はあくまでもイメージとしてください。

地形を見てみると、たしかにここも“取り次ぎ” “あいだ”の場所であることが言えます。

そして、宇佐島と天原島をつなぐのは長門石のほかにもう一カ所あります。

次の記事で書こうと思います。

2