Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Zuhr① 獅子座δ星を中轅星という

獅子座δ星を中轅星(なかえぼし)と言うそうです。

 

七十二、中轅星

  獅子座 Leoレオ δ 68) Duhr(ヅール)
赤経 一一時一一・七分
赤緯 二〇度四八・五分
光度 三・五

(『儺の國の星拾遺』p.129)

獅子座は黄道上にあり、星占いでも用いられているポピュラーな星座です。

その獅子座の中の、明るいほうから数えて4番目の星になります。
図で示してみました。
ちょうど獅子の腰当たりになります。

獅子座が南中している頃

  
国際天文学連合の固有名はZosmaゾスマですが、著者はDuhr(ヅール)を用いています。
Zosmaはギリシャ語、Duhrはアラビア語です。
他にもで始まるいくつかの異名を持っています。
どれもこの星が獅子の背中(腰)にあることに由来しています。

獅子座はちょうど2月頃から、日没後の東の空に見え始める星座です。
その様子をシミュレートしてみました。
場所は大宰府政庁正殿跡にしました。
太宰府に直属していた家柄の伝承ですからね。

中轅星(Zosma)は、ちょうど愛嶽山と宝満山の間あたりから昇っています。

太宰府が今の場所に置かれた頃の650年にしてみました。
すると、宝満山から昇ってきました。
これは何かの目印になりそう。

天智天皇もこの光景を見たことでしょう。

1