多賀神社(直方市)②-多治比縣守の宿願で再建 & 多賀大社のこと

直方市の多賀神社がずっと気になっています。

気になることの一つがこの記述。

尚社説に述ぶる所精細にして次の如し。創立の年代は太古に亘るを以て詳ならざれども、元正天皇養老三年多治比真人、縣守宿願により鞍手郡司某をして再建せしめたること旧記に明なれば、その再建以来既に千二百餘年の星霜を經たり。

*太字はnakagawa

(『福岡県神社誌』上巻)

『福岡県神社誌』によると、養老3年に多治比真人縣守たじひのまひとあがたもりの宿願で社殿が再建されたとのこと。直接携わったのは「鞍手郡司某」。

多治比真人縣守とは、養老年間に遣唐押使を務めたあと最終的に正三位・中納言になった人物。
父親は左大臣にもなった多治比嶋で、いわば名家の出身です。

そんな人がなぜ筑紫の片隅の神社再建を願ったのでしょう。
それもただ願ったのではなく「宿願」とあります。

宿願とは「前々から持ち続けていた願い」「前世に起こした誓願(仏教用語)」という意味です。
とても強い意志があったことを感じます。

多治比縣守と筑紫の接点は?と考えると、やはり遣唐使の時だと思われます。
遣唐使は太宰府で出入国管理を受けますし、航路も筑紫のどこかを通りますから。

『続日本紀』によれば、遣唐使としての帰国が養老2年10月で復命が同年12月でした。
直方の多賀神社再建が養老3年ですから、帰国の復命後すぐ再建にとりかかったことになります。

このタイミング、神社の再建と遣唐使の任務には関係があるように思えます。

さらに言うと、この時の遣唐使団は一人の犠牲者も出ていないそうです。
前回の二倍という大規模なものだったにも関わらずです。

危険を伴う遣唐使船の航海において、これは希有な出来事だったのではないでしょうか。
航海の加護への感謝があったのではないかと思いました。
航海の指標には北斗七星が欠かせませんから、常に道を示した北斗七星(多賀星)の名を持つ神社を再建することで、航海の加護を感謝したのかもしれません。

ただ、それだったらわざわざ鞍手の神社を再建しなくても良さそうです。

この場所だったことの理由は何でしょう。

私は、もしかすると鞍手にいた氏族がこの遣唐使船を支援したのではないかと思いました。
星見によるウェイファインディングなどなど、優秀な造船・操舵術があったかもしれません。
当時は縣守の兄である池守が大宰帥でしたから、コネクションがあったかもしれませんね。

そうだとしたら、多治比縣守がわざわざこの地に神社を再建したことの辻褄が合うように思います。

ところで、「鞍手郡司某をして再建せしめたる」とあるように、実際の作業は地元の人が行っています。
もしかすると再建を「宿願」したのは鞍手の人達で、北斗七星を多賀星と呼びイザナギイザナミに見立てる祭祀を持っていたのでは?なんてことも思いました。

というのも、天武-持統政権頃より私的に星辰を祀ることが禁じられ、星を祀ることは御法度だったからです。
けれど星の祭を絶やしたくない人達はいたはずで、例えば多治比縣守のような高官を神輿にして宮を建てる事を正当化したのかも?なんてね。(いえ、なんでもありません。妄想です。)

どれも想像に過ぎませんが、そうだったら面白いなと思いつらつらと私見を書いてみました。

(余談ですが、縣守と唐へ行った中に阿倍仲麻呂・吉備真備・井真成・玄昉がいました。また、多治比縣守の子女は大友旅人の妻で、家持の母という説もあります。)

さて、気になることの二つ目です。

多賀神社といえば滋賀の多賀大社が総本社です。
全国にある多賀神社はほとんど多賀大社からの勧請となっています。

ところが、直方の多賀神社は多賀大社からの勧請ではありません。
オリジナルなのです。
いったいどういうことなのだろう、と思いました。

そこで滋賀の『多賀大社由緒略記』を見てみると、社歴略年表に次のように書かれていました。

一部を抜粋します。

神代

    伊邪那岐大神淡海國多賀に鎮座、一に日之少宮といふ

反正 3年

    木菟臣勅を奉じて降臨の地を検す

清寧 1年

    天皇一日群臣と本社の祭議を論定し給ふ

元正 養老年中
 

    しでの樹を以て飯匕を作りて獻りし
(『多賀大社由緒略記』官幣大社多賀神社社務所)

古い順に見ていくと、まず神代に鎮座し、一説に日之少宮と言ったとのことです。

「日之少宮」の読みはおそらく「ひのわかみや」ですね。
直方の多賀神社も古くは「日の若宮」と称していました。
ご近所の飯塚市にも日少神社と書いて「ひわかじんじゃ」と読む社があります。(現在は「日若」表記。)

その後反正天皇の時に、降臨の地が検証されたとのこと。
「検」とありますが、この時降臨の地を決めたのだと思いました。
伝承はあったけれどはっきりしていなかったという体をとっていますが、つまりそれ以前はなかったということ。
しかも勅により検証したのは木菟臣とあります。
この時代の木菟臣というと平群木菟しか思いつきませんが、平群木菟が多賀大社の場所を決めたとしたらびっくりです。

そして清寧天皇の時に祭儀が決められています。
だんだんと神社が作られていったのですね。

引用部分最後の元正天皇のエピソードは有名です。
今はしゃもじになっていますが、本来これは飯匕いひかひ(スプーン)なのです。

元正天皇と言えば、多治比縣守が直方の多賀神社を再建したのも同じ頃でした。(元正天皇養老3年)

この偶然は何でしょう。

偶然と言えばこの話も入るでしょうか。
多賀大社は犬上氏の氏神だったと言う説がありますが、犬上氏は飛鳥時代の遣隋使・遣唐使として知られる犬上御田鍬にはじまるとのこと。(byウィキペディア
なぜか遣唐使にもつながりました。

もしかすると、北斗七星は遣唐(隋)使の星だったと言えるのかもしれません。
多治比縣守が直方の多賀神社(当時は「日若の宮」)を再建したのは多賀大社のルーツだったからかも??
なんて。

多賀大社のシンボルとも言える杓子(元正天皇の飯匕いいがい)も、北斗七星になぞらえたのかもしれませんね。
(今は柄杓ひしゃくに例えられる北斗七星ですが、文献に現れる用具としての柄杓は室町期になります。元正天皇の頃は瓢箪を二つに割ったものか、木をくりぬいた匙で掬っていました。それがシャモジに変化したと考えることもできます。)

「日之少宮」のことといい、木菟臣のことといい、なんだかルーツは筑紫にあるような気がするのですが、これだけで判断するのは早計ですね。
(実は直方の多賀神社のあたりを「おうみ」と言ったという伝承もあります。出典をメモし忘れたのと、後世の付会の可能性もあるので触れませんでした。)

また、北斗七星を多賀星と言いイザナギイザナミ神に見立てるという祭祀が前提なので、前提が崩れれば無い話になります。

でも多賀大社の近くには甲良町もあり、なんだかこのあたりに筑紫の氏族との関係が匂われるのです。
中世以降もいろんな歴史(例えば京極氏のような)が地層のように重なっているところなので、軽々しく結論は出せませんけれど。

直方市多賀神社境内鳥居からASTROBAZAで北を見た所

[最終更新日]2020/03/11