Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

多賀星たがのほし

北斗七星の別名に多賀星たがのほしがあります。
なぜ多賀星たがのほしというのか、その由来が次のように書かれています。

 北辰*注を〝たたのみこのほし〟と古い祝詞に見たことがありました。〝たた〟とは〝なな〟即ち七の胡人風の方言であります。〝みこ〟は巫人ふじん女官で昔は式人妥女しょくにんさいじょと書きました。美籠星みこのほしの名もあり、略して多賀星たがのほしがあり、あたかも四星を桶に合はせ、三星をめるべき竹のたがに見たとも考えられます。

(『儺の國の星』p.155

*北辰=ここでは北斗七星の意味

もともとは「たた(なな)の巫女の星」だったのですね。

「たたのみこのほし」では長いので短い言い方に変わったようです。
それが二通りあります。
 1、「たたの」が脱落して「みこのほし美籠星」。
 2、全体が縮まって「たがのほし多賀星」。
   あるいは、語頭の「たた」をとって「たたのほし(七の星)」→それが訛って「たがのほし」。

1 はわかりますが、2の「たたのみこのほし」から「たがのほし」への変化はちょっと無理があるような気もします。けれど、早口言葉のように「たたみこのほしたたみこのほし」と繰り返してみると「たがのほし」に聞こえないこともないようです。でもこれ、語頭の「たた(なな)」をとって「たたのほし」としたのではないかと思えました。「七の星」ってそのものズバリですから。

それから北斗七星の七つの星のうち四星を桶、三星をめるべき竹のたがと見る見方が書いてあります。(助動詞「べし」は“当然”で解釈しました。)

図にするとこんな感じでしょうか。

北斗七星を「桶」と「箍」とする見方

うーん。

箍というのは普通になっています。
三星をつないでも輪にはなりません。線です。
線を箍とみるのは難しい・・・、と思っていたらこんな図を見つけました。

桶の製造風景です。はめられる前の「たが」が長く伸びて無造作に置かれています。
北斗七星の三星を箍に見立てた様子に似ていますね。

By 日下部金兵衛http://www.baxleystamps.com/litho/meiji/1898080967/album_2_17.jpg, パブリック・ドメイン, Link

北斗七星と対比させてみます。

三星を箍に見立てるのはあり得るようです。

それで思い出したのが仙台にある多賀神社。
箍を奉納する風習があります。

Taga-hoops of Taga-jinja shrine in Taihaku ward,Sendai city.JPG
By Bachstelze投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

これを知ったときはダジャレ?と思いましたが、北斗七星を桶と箍に見立てる文化を持っていたとしたら納得です。
(ダジャレ→「たが」を「多賀」神社にかけた?)

確か、新潟の多賀神社にも箍を供えるところがあったように記憶しています。もっとあるかも。

北斗七星を「多賀星」とよび、北上した氏族がいたのでしょうか。

刳物ではなく結物としての桶の原形はエジプトだそうです。
現在の桶・樽に共通する購造と意匠はローマ期のヨーロッパで発達したそうなので、由来が古いことは十分考えられます。
(参考:「桶の伝来時期と初期形態」石村真一)

日本では、箍をはめる「曲桶」が広く普及したのは平安時代からのようです。
真鍋家のこの伝承はいつ頃のことをいったものなのでしょうね。

話を戻しますが、北斗七星を「七人の巫女たたのみこ」に見立てるのは、ひょっとすると琉球の「七ぬウミナイ」(ウミナイ=女の神)かもしれない、と思いました。
天御中主に仕える女神です。
北辰(天御中主)を中心に回る北斗七星(七ぬウミナイ)。

『儺の國の星・拾遺』に北極星を「宮古星」と言う話があります。
宮古島の宮古、岩手県の宮古です。
なんとなく、北極星を目指して北上した氏族の存在を感じます。
そんな人たちがいたとすれば、北極星だけでなく北斗七星も目印だったでしょう。
琉球での「七ぬウミナイ」が「多賀星」として地名や神社に残っているのだとしたら素敵だと思いました。

追記:
道具としての「箍」の登場は中世のようです。とすれば、北斗七星を桶と箍に見るのは神代に遡ることではなく、比較的新しいことかもしれません。

1