Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熊野道祖神社(福岡市)

福岡市南区にある熊野道祖神社。

神社の由緒。

祭神は、 伊邪那岐命 久那斗神 八衢比古神 八衢比売神。
境内末社に、 福徳稲荷大神 金伯五金大神 伊豆能売大神 のどの大神。

あまり見かけないお名前の神様もいらっしゃいます。

もともと、伊邪那岐命を祀る熊野神社と、久那斗神・八衢比古神・八衢比売神三神を祀る道祖神社は、別々の神社だったそうです。
熊野神社は塩原の射場(「塩原中央部」)に、道祖神社はイトリサヤ(塩原4丁目芸工大前=現在地付近?)にあったとのこと。(って、イトリサヤって何でしょう?そっちが気になります。)

道祖神社に関して、不思議な話がありました。

一つは、明治21年の台風で倒れた榎が一夜のうちに起き上がり、今も樹勢を保っているという話。

もう一つは、昭和2年に境内が学校用地にかかった時、木を伐採したら不慮の災害に遭う者が多く出たと言う話。

それで、遷座は恐れ多いとして現在地にとどまることになったのだそうです。
(動かしたくない人たちが居た、とも言えそう。地元なのでいろいろな話も聞いております。)

境内は落ち着いた雰囲気です。
交通量の多い道路に面していることを感じさせません。

手水舎。

拝殿。

拝殿内部。

照明が仏具の六角菱のかたちです。
拝殿前にはろうそくをお供えする場所もありました。
道祖神社の方は、道祖権現・葛権現と称して奉斎されていたそうですから、その名残でしょうか。

境内末社外観です。
住宅街の中の道路を渡った所にあります。

御神木と福徳稲荷社。

赤い鳥居はご神木に対して立っていました。

熊野道祖神社と末社の間にある狭い道は、かつて那珂川町から塩原橋に抜けるメインストリートでした。
私の子供の頃から見ても、大橋はずいぶん変わりましたね。
久しぶりに歩いて楽しかった。

2