Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

老松神社(飯塚市)

飯塚市弥山の老松神社。

鳥居の神額は「老松宮」ですが、主祭神は大国主です。

村社 老松神社 嘉穂郡内野村大字彌山字宮の下
祭神 大国主神、大物主神、事代主神、菅原神、吉祥女
由緒 不詳明治五年十一月三日村社に被定。
  (以下略)

(『福岡県神社誌』)

もともと大国主を祀る神社だったのが、菅原神が配祀され社名が変わったと思われます。

石段を150段ほど上ったところに境内がありました。
中世なら山城か城館を置きそうな場所。

拝殿内部です。
奥にある神殿扉の両側に随身とおぼしき像が二体ありました。
随身像があるような社だったのですね。意外でした。

境内の様子です。
石祠の摂社が並ぶ中、流れ造りの社がありました。

『福岡県神社誌』によれば、境内社は須賀神社、田神社、日神社となっています。
真っ先にあげられているので、流れ造りは須賀神社でしょうか?

実はこの神社、一の鳥居はこのようなものでした。

神額に「田天神」とあります。
わざわざ「田」を書いています。「天」も書いています。
天神社だけど天神社じゃないよ、田神社だよ、とでもいいたげな感じです。

「田」を残そうとしている、と思いました。
音は似ていても「天神」表記では元の名前が消えてしまいますものね。

前記事で「天神」は「田神」の書き換えではないかと思ったのは、この鳥居のことがあったからです。
(「田神社」だったとしても今度は祭神の問題が出てきますので、そう簡単ではありませんが。)

さて話は全く変わりますが、この集落付近で面白いものを見ました。

桂川町内山田の天神社から長崎街道内野宿を目指していると、右手につっぱり石のようなものが見えて来たのです。

運転中で写真がないのでグーグルストリートビューを。



自然のものなのか人工のものなのかわかりませんが、私には弥山岳を指しているように見えました。

また、十メートルほど離れた場所に何やら石碑があります。

猿田彦かなと思ったら、高木宮でした。

大国主圏かと思いきや、高木神とは。

「弥山」という地名といい、ここは面白い土地でした。
弥山岳周辺には、遺跡や巨石やコウゴイシ(!)などがあるそうです。
いつか見に行きたいものです。
(巨石・コウゴイシは桂川町側にあります。また、案内が必要な場所もあるようです。)
 

1