Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

宝満宮(福岡市)

福岡市博多区井相田にある宝満宮。

御陵宝満から勧請された神社の5社目です。

こんもりと茂った社叢がいい感じの神社でした。

境内に神社の由緒を書いたものが見当たらなかったので、江戸時代に書かれた本から引用します。

 寳滿社
北嶋といふ所に在。御笠郡仲村御陵宝滿を勧請するといふ。又雑餉隈に恵比寿社あり。其始詳ならす。

(『筑前國續風土記拾遺(上)』文献出版)

   ||***||***||***||***||

宝満大神社 産土なり。祭る所竈門山の神なり。延寳八年御笠郡仲村御陵宮を勧請すといふ。此村は那珂郡の東に有て御笠郡に境へり。ゆへにむかしハ仲村の御陵宮の産子なりしとそ。社内に若八幡宮・九郎天神小祠あり。

(出典メモし忘れ)

ここも、中・山田・筒井と同じ延宝年間の勧請でした。

境内は社叢からの木漏れ日が心地良い空間を作っていました。

拝殿の神額は寳満神社。篆書体っぽい書体、好きです。

神殿の梁を噛んでいる鬼(?)は山田宝満神社のものにそっくりです。

懸魚に花菱がありました。
これも山田宝満神社と同じ。

ここに社殿があったような基壇がありました。
もしかすると若八幡宮と九郎天神?

幟旗竿を収納する屋根付きの木組み。

遙拝所を探しましたがこの神社にはないようでした。

話は変わりまして。

実は境内に入るとき、鳥居に書かれた文字に釘づけになりました。

ここで「郡正大夫」に出会うとは思いもよりませんでした。
井相田は領地だったのですね。

鳥居に書かれた郡正大夫輝成は享保年間に活躍していた人です。(『丹治峯均筆記』)
摂津キリシタンとの関連で伊丹氏に興味があるのでテンションが上がりました。

1