山田宝満神社(大野城市)

御陵宝満神社から勧請された五社の一つ、山田宝満神社。

神社の縁起を書いた説明板。

延宝年間の鎮座と書かれています。
中宝満神社と同じ頃ですね。



境内はすっきりとしてきれいに掃除されていました。

御潮井もちゃんと用意されています。

瓦には16弁の菊。

梁を噛んでいる耳の長い生物と蟇又?妻飾り?の植物。
葉のかたちは菖蒲のようですが、玉依姫と菖蒲の取り合わせは珍しいと思いました。

と、ここで意外なものを発見。

懸魚に花菱があります。

花菱紋といえば伊勢神宮です。
なぜここにあるのでしょう。

あるいは四王寺山に光と共に降臨した神様の紋だとする説も見かけました。

他の宝満宮にはなかったので気になりました。

境内には遙拝所がありました。

中宝満・乙金宝満と同じです。
御陵から勧請した神社には遙拝所があるようです。
拝む方向はどうやら乙金山方面のように思えます。(境内が整備されたとき移動したのかもしれません。)

文化8年の猿田彦大神。

境内摂社。

境内摂社の小さい祠の方を拡大します。

実はこのほこら、地元の方に「元宮様」と呼ばれているそうです。

山田村の「元宮」?

この祠には、村にまつわる思いがけない歴史がありました。
長くなるので次の記事で書きたいと思います。
(追記:書きました。こちらです。→「御笠森神社」)

山田宝満神社に関しては以上です。

[最終更新日]2019/04/30

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。