Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

田中熊別くまわけの東西のみささぎ(太宰府市)

王城神社に大切に保存されていた「田中橋」の碑。

現在の田中橋です。

橋のたもとには、旧住所表示もありました。
西鉄都府楼駅あたりからこの辺一帯までを「田中」と言ったようです。

すぐそばに、神武天皇を警固した田中熊別のお墓と伝わる場所がありました。

「田中の森」、また、「西稜にしのみささぎ」と言うそうです。

 旧国道3号線(現県道112号線)の通古賀の信号を大佐野の方へ約200m程行き、鷺田川にかかっている田中橋を渡る辺りを小字田中という。橋を渡ると、右手、家々に囲まれて大きな二株(クロガネモチとタブ)の木がそびえている。この樹の根元にある石碑は、神武天皇につかえ、大野城(王城山)の山頂で東夷征伐の武運を祈願した神社の祭主をつとめ、任を終えて国衙庄(通古賀)に下向した田中熊別の墓と言われている。
 また、この一帯を田中長者の「田中の森」といい、田中長者と隣村の武蔵むさしの虎丸長者の勢力比べの昔話は、テレビの「まんが日本昔話」にも取り上げられた。

(『とおのこが風土記』p.65)

「田中の森」由来記。

田中熊別の子孫はこの地でずいぶん繁栄したようですね。

さて、「西」のみささぎである田中の森に対し、「東」のみささぎと呼ばれている所があります。

次の地図で「東蓮寺跡」と書かれている場所です。

線路越しに見えている小高い丘がそうです。

ここに田中熊別の子孫が建てた東蓮寺というお寺があったので、地名になったそう。

 田中の森に祀られていた田中熊別くまわけの霊を後裔こうえいの田中熊秀がまつるために建立した寺で、薬師堂もあり、田中の森の東であるので東のみささぎ、東蓮寺(東林寺)といっている。

(『とおのこが風土記』p.61)

また、「東のみささぎ」という理由は、「田中の森」の東にあるからとのこと。

でも私は、お寺の場所を「みささぎ」というだろうか、と思いました。

陵というのは天皇や皇后を埋葬した場所をいう言葉です。
要するに「お墓」。埋葬地。

お寺は「お墓」ではありません。

けれどここは、「陵」と呼ばれています。

一体どういうことなのでしょう。

先ほどの地図を見ると、王城神社と東蓮寺跡は二つの川に挟まれた土地にあります。
御笠川、鷺田川という天然の堀に囲まれた領内と見ることが出来ます。

比べて田中の森は、王城神社から行くには川を渡らなければなりません。
橋のない時代に川を渡るのは大変です。
ここは里の領域外、ともいえる場所だと思いました。

もし両墓制の風習を持っていたのであれば、埋め墓として選ばれる土地の条件に合っているように思いました。
(参考:「両墓制集落における祭祀と埋葬の空間論」川添 善行)

祭祀のための墓と実際に埋葬する墓を持つ氏族であれば、お墓(=陵)が二つあってもおかしくないのですが、どうでしょう。

当時の川の流れが違っていたら当てはまりませんし、そもそも両墓制なのかもわからないことです。
個人的な妄想として聞き流してください。

日本昔話の田中長者と虎丸長者についてはこちらに詳しく載っています。

この虎丸長者というのは藤原虎麿の事だそうです。

藤原虎麿は蘇我日向と同一人物という説もあります。

蘇我日向というと孝徳天皇紀に登場し、天智天皇(当時は中大兄皇子)との関わりも深い人物。

山家宝満宮に玉依姫が化現したのも大化年間でした。

こちらも何かありそうですね。

1