姫古曽神社 (鳥栖市)

いつもと違う道を通ることになって、少し時間もあったので寄り道。
鳥栖市姫方にある姫古曽神社。

「ひめこそ」というのは彗星のことだと『儺の國の星拾遺』にありました。
また「こそ」は敬称だとも。

太宰府から見てこのあたりに彗星が見えたとのことです。
何時の時代の彗星なのでしょうね。

この神社、火災で全焼して社殿が新しくなっていました。

同じく彗星の異名を社名に持つ志登神社も、近年焼けて建て変わっていたことを思いました。
彗星つながりというだけで、全く別の出来事だとはわかっているのですが。

境内の由緒書き。

手水やお潮井台だった石が整理されていました。

幟旗のような雲。

立派なリーフレットと参拝のお札(御朱印)をいただきました。

台風21号で大変な被害が出ていた日のことでした。

    *補足
    〝ひめこそ〟神社は隣の小郡市にもあり、表記は媛社(ひめこそ神社となっています。祭神は、媛社神(ひめこそのかみ織姫神(おりひめのかみ
    織姫が祀られているのは、織物が盛んだった時期があったからではないかと思いました。
    古代に海が入り込んでいたと思われる神社周辺は、海岸線が後退するにつれ干潟から陸地になっていきましたが、塩抜きのため綿花を植えたと言う話が伝わっています。
    綿花を植えたのであれば、当然それを利用して織物を生産したでしょう。
    出雲の木綿街道(宍道湖の一部を埋め立てて米を作るとき塩抜きのため綿花を植えた)や倉敷(干拓した土地に塩分に強い綿花を植えた)もそうですね。
 
error: Content is protected !!