Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

白鳥神社(小郡市)

去年鳥居が建てられて、わかりやすくなりました。

小郡市にある御勢大霊石神社の末社、白鳥神社です。

白鳥神社の祭神というと日本武尊が多いのですが、ここは仲哀天皇です。

白鳥伝説のある日本武尊ではなく、その息子なんですね。

由緒が書かれた説明板。

この神社の由緒は、日本書紀の次の記述をうけてのものと思われます。

冬十一月乙酉朔。詔群臣曰。朕未逮于弱冠。而父王既崩之。乃神霊化白鳥而上天。仰望之情。一日勿息。是以冀獲白鳥。養之於陵域之池。
『日本書紀』j-textより

つまりここは仲哀天皇を慰めるための施設、ということになります。

なぜこの場所で仲哀天皇を慰めるのでしょう。

私は、『日本書紀』の異伝「天皇親伐熊襲、中賊矢而崩也。」に続く話ではないかと思いました。
本社である御勢大霊石神社にはさらに詳しい伝承があります。

熊襲親征中に賊の矢に当たって亡くなったとされている仲哀天皇。

その魂を慰めたのではないかと。

この地に仲哀天皇を慰めようとした人が居たということですね。
それが面白いと思いました。
慰めるのに適任なのは白鳥(父)だと考えたところも。

池を造り仲哀天皇を慰めようとした人は誰だったのでしょうね。

小さな社ですが、大事なことを伝えているように思いました。

1